【2020モデル】LOOKが2020年モデルを発表!モデルチェンジはなく、カラーの変更のみ!

LOOKが2020年モデルのロードバイクを発表しました。
2020年モデルですが、基本は2019年モデルの継続です。
フレームカラーの変更があった程度の変更でして。




2020年モデルのLOOK

今のところわかっているのは、エンデュランスモデルの765以外は全てリムブレーキとディスクブレーキの両方があるようです。
で、LOOKというと注目はプロチームカラーですが、

2020年モデルでは、ホワイトのプロチームカラー推しのようで、ブラックはプロチームカラーではないようです。
795BLADE RSにはブラックがありますが、マット系のブラックの様子。

2019モデルで人気が高かった、ブルー系のカラーは継続のようです。

車種、値段、スペックを簡単にまとめてみました。

車種名 形式 カラー フレーム重量 値段(税別)
795 BLADE RS フレームセット プロチームホワイトグロッシー フレーム950g

フォーク350g

41万
ブラックレッドグロッシーマット
メタリックブルーグロッシー
フルカーボンマットグロッシー
795 BLADE RS DISC フレームセット プロチームホワイトグロッシー 41万
ブラックレッドグロッシーマット
メタリックブルーグロッシー
フルカーボンマットグロッシー
785 Huez RS フレームセット プロチームホワイトグロッシー フレーム730g

フォーク280g

38万
ブラックレッドグロッシーマット
カーボングレーグロッシーマット
785 Huez RS DISC フレームセット プロチームホワイトグロッシー フレーム820g

フォーク430g

38万
ブラックレッドグロッシーマット
カーボングレーグロッシーマット
785 Huez 105 105完成車 メタリックブルーグロッシー フレーム990g

フォーク350g

34万
785 Huez アルテグラ アルテグラ完成車 プロチームホワイトグロッシー 44万
785 Huez アルテDi2 アルテDi2完成車 プロチームホワイトグロッシー 54万
785 Huez DISC 105 105ディスク完成車 メタリックブルーグロッシー 399,800
785 Huez DISCアルテグラ アルテディスク完成車 プロチームホワイトグロッシー 499,800
785 Huez DISCアルテDi2 アルテDi2ディスク完成車 プロチームホワイトグロッシー 599,800
765 OPTIMUM 105Mix 105MIX完成車 ブラックグロッシー フレーム1100g

フォーク350g

29万
765 OPTIMUM アルテグラ アルテグラ完成車 プロチームホワイトグロッシー 399,800
765 OPTIMUM アルテDi2 アルテDi2完成車 プロチームホワイトグロッシー 499,800
管理人
管理人
基本的に2020年モデルのLOOKは継続モデルで、カラーの変更だけ!

2020モデルを見ていると、今年はホワイトカラーをプッシュしているのかなという感じでしょうか。

狙い目はやはり785か

当サイトの読者様の話を聞くと、785の非RSに乗っているという方の話をよく聞くのですが、LOOKにしては買いやすい価格帯の完成車で、しかもRSよりは剛性を落としているということもあり、非常に乗りやすい一台だと聞きます。
785はRSも非RSも、汎用パーツが使えるのがいいですね。
エアロになると、特殊なステムだとかシートポストだとかになってきますし。

カラーもリムブレーキとディスクブレーキで統一されています。

785(非RS)と765が完成車になるわけですが、アルテDi2完成車がどちらにも登場していますね。
これがちょっと驚き。
そして完成車のほうは、コンポ別にカラーが違うので、実態としてはコンポで選ぶと言うよりもカラーで選んだらコンポが決まったみたいになるかもしれません。
105完成車、アルテグラ完成車ともにカラーは一つしか設定されていませんし。

そのほかのLOOKの新製品としては、セラミックベアリングのペダルが出るくらいです。

こちらはリミテッドエディションですが、ケオブレード カーボン セラミック チタンが税別39000円、クロモリシャフトのケオブレード カーボン セラミックが25000円となっているようです。

管理人
管理人
2020年モデルのLOOKは特に目玉があるわけではなく、継続フレームになります。
ホワイトカラーのLOOKが多いので、人気が出そうな気がしますが。