ビッグプーリー当選者様、今週中にご連絡ください。それとどうでもいいお話を。

ずいぶん遅くなりましたが、ビッグプーリーのプレゼントの件。

【プレゼント企画】GEAROOPの16Tセラミックベアリングプーリー、あげます。

当選者様へメール送りました。
恐れ入りますが、16日(土)までに返信ください。
迷惑メールフォルダに入っている可能性もありますのでご確認を。

期日超えても連絡頂けない場合は、次点の方へ繰り上げになりますので・・・

全然関係ない話を

ずいぶん前からやっている、某自治体との訴訟、先日やっと結審しまして、次回は判決というところまで来ました。
訴状提出から1年以上経ち、その間に口頭弁論も7回ありました。

この件、どの専門家に聞いても明らかなレベルの訴訟なので、弁護士も立てずにやってました。
身内にその分野の専門家がいるということもあるのですが。

裁判、やるもんじゃないです・・・

行政訴訟は民事訴訟の一種ですが、基本的には全ての主張は書面だけで行います。
口頭弁論というのは、裁判長から【準備書面を陳述でいいですか?】と聞かれるので、

管理人
管理人
はい、陳述します

このように答えるだけのセレモニー的なものです。
次回日程を決めて終わりなので、最短で3分とかで終わります。

ここまで提出してきた訴状と準備書面が計5通、全て合せると150ページくらいですかね。
あと証拠といって、書籍やら判例などの写しを約60通。
合計すると、恐らく500枚近くあるかと。

行政訴訟は、9割が原告敗訴と言われます。
やってみてわかったのは、証拠となる通達などの検索能力というか、国が出した通達を検索できるシステムがないんですね。
書籍とか判例はネットなどで検索できるのですが、通達関係は検索するシステム自体がない。

そういうのは自治体が独自にデータベース化しているので、自治体有利です。
実際、超重要な国が出した通達を発見するまで、1年かかりました。
発見というのは、その通達の存在を知る由もなかったということです。

この通達一本で、正直勝てるかどうかが変わってくるところ。
たまたま違う自治体の担当者さんと話をしているときに、こういう通達があると教えてもらい、その通達を出した国の機関に開示請求し、ゲットした感じです。
実際には通達の原本が既にないので・・・ということで、国会図書館の中で発見したのですが。

裁判って、お互いに主張をぶつけ合って、それの裏付けとなる証拠を出して、ということの応酬なわけですが、主張することは誰でもできます。
その裏付けとなる証拠を出せるかどうかがカギだと思うので、今回はホントたまたま教えてもらってラッキーでした。

というより、裁判の相手となっている某自治体、恐らくこの通達の存在を知っていたっぽく。
どうせ発見できんだろ?と甘く見られていた可能性もあるかな・・・

芸能人ステマ問題とロードバイク業界

ここ最近、芸能人のステマ問題がまたクローズアップされています。
京都市の問題もそうですし、血液クレンジングの問題もそうですし。

社会的には、ステマにならないようにと【PR】と必ず付けるとか、そういうルールが自主規制レベルでは進んでいます。
要は広告主から依頼されてやっていることだとはっきりさせないといけないんですね。(インフルエンサーマーケティングと言います)

ただなぜかロードバイク業界では、ステマが容認されている気がします。

もちろんですが、当サイトでは一切のステマはしませんし、していません。
広告主から依頼された案件は、全て【PR】だったり、提供元を明記してます。

ロードバイク業界では、広告主から依頼されているにもかかわらず、【自腹で買った】とか、そもそも提供元の話を一切書いてないことがなぜか多いのが実情です。

なんでわかるかというと、
・当サイトでお断りしたパーツを、依頼されたのと同じ時期に記事にしているサイトがある
・同じ提供元から、同じパーツが同じ時期に提供されている

どこの誰とはイチイチ書きません。
というより書ききれないほど多いのが実情です。

貰ったものを買ったと書くのは軽犯罪法違反ですので処罰されるべきだと思いますが、個人的に不思議に思うのは、

いろんな人
いろんな人
人気者の〇さんがステマしても、別にいいでしょ。
いつも良質な記事を書いているし。

こういう考えの人って結構いるのかなと。
要は自分がファンだと思う人がステマする分には、別にいいでしょという考えのようです。

ステマは世界レベルではすでに犯罪になっている国もあるくらいですし、日本でも書き方一つで犯罪になりうる行為です。
たった一言、【〇×メーカーさんから提供頂きました】と書くだけですよ?
なんでそこを隠すのかな・・・

思いきってステマ記事がどれなのか全部暴露してもいいんですけどね。
よーく読むと、わかっちゃうもんです。
そういう乗り方なのに、そのパーツ本当に自腹で買う??という記事って実はそこそこあります。

先日の某メーカーの件もそうですが、

それは違うんじゃね?と思うのですが。

自信があるから営業しません。
メディアへの広告分価格に反映します。

いやいや、あんたうちのメール送ってきて、広告掲載依頼だとか言ってたよね?
営業してんじゃん。

ホントこういうの、嫌いです。

時々、おかしな依頼ってありますよ。
前に遭ったのが、ネジをインプレしてくれとか言ってきて、ネジ自体は渡せないから想像で書けと言ってきたバカ。
早く死ねばいいのに、と思ってます。
想像で書くか、自腹でネジを買ってきて記事にしてくれだそうです。
即座に死んでほしいといまだに思ってます。

ほかにも、広告掲載したいといってきたあるショップ。
前から怪しいショップだなと思ってましたが、内情を知れば知るほどおかしいのが明らか。
自社サイトで書いていることは虚偽だと認めたので、そんな奴とは関わらん!と切り捨てました。

何が嘘なのかについても、正直暴露してもいいんですが、このショップについてはそのうち潰れるだろうと思ってますので、わざわざとどめ刺さなくてもいいかなと。
店長と名乗る人は、バイト情報で探したアルバイトですもんね。

ほかにも、某有名人がとんでもないことやらかした件とか、直接の関係者からも聞いてます。
聞いた瞬間、人としてどうかと疑うレベル。
でもこれについては書きません。
当事者が望んでいないので。

ロードバイク業界は、ある意味腐ってます。
そして一部のメーカーもそれに加担するからおかしくなるわけで、盛大に商品をばら撒き過ぎなところもあります。
ばら撒いて、その人たちが貰ったとかちゃんと書けばいいものを、あくまでも買ったとか言うからおかしくなる。
確かに、例えば定価の8割引きとかしてもらったら、2割はお金出しているので【買った】ですよね。
でも一般論としては、それはほぼ貰ったに近いんですよ。
税法上も、相場よりも大幅な割引を受けた場合は、割引額を贈与されたものとして利益計上ですし。
不動産とかも、例えば相場が4000万の物件があったとして、それを1000万で買うと、3000万の贈与を受けたとみなされて贈与税取られます。

相場よりも著しく割引とか、それは贈与なんですよね。

ちょっとグチっぽくなってきたのでここまでにしますが、このサイトを始めてから、世の中の仕組みがよりわかった気がします。

管理人
管理人
貰ったものは、ちゃんと【PR】などと表示しましょう!

Mavic【マビック】Cosmic Pro Carbon SL UST Clincher Tubeless Carbon Road Wheelset