PVアクセスランキング にほんブログ村

箱根駅伝とロードバイク。逃げる奴らと追う奴ら。

ちょっと前にも少し書きましたが、箱根駅伝の最終ランナーの後ろは、こんな感じで大量のバイクとロードバイクが追走してます。

今年はすっかり箱根駅伝のことを忘れてロードバイクに乗ってしまいまして、鶴見中継所あたりで、復路の選手が反対車線を通るのを見届けてきました。
まあ、ちょうど最終ランナーが鶴見中継所に入ったところだったようで、無意味に声援浴びましたw
自転車がんばれ!と言われましたが、ほっといてくださいw

さて、毎年のように、箱根駅伝を記念して、ロードバイクが大量に出没します。
逃げる奴らと追う奴らがいます。

逃げと追い

逃げというのは、交通規制がかかる前に、全力で前を走ることです。
実際には、ランナーの到着予定時間の1時間前には交通規制がかかってますので、逃げといってもランナーとは相当離れた前を走っているはず。

追いというのは、これですね。

最終ランナーの後ろ、パトカーか白バイがいてそれ以降が交通規制解除なんですが、そこにはオートバイやロードバイクがウジャウジャいます。
今年は初めて、ナマで追いかけるオートバイやロードバイクの集団を見ました。

正直なところ、この人たちが何をしたいのかよくわかりませんw
目立ちたいだけかもしれないです。
なにせ、最後尾はあくまでもランナーの速度に合わせているので、ロードバイクでもオートバイでも、速度は遅いですから。
ただし、信号には引っかからないはずです。

で。

何を言いたいのかというと、特に何か言いたいわけでもありませんw
楽しいとしたら逃げのほうじゃないかと思われますが、箱根の正月は交通量も多いので、迷惑にならないようにだけお願いします。

あと、箱根駅伝のランナーはだいたい時速20キロと言われます。
なので最後尾にいるパトカーや白バイも、それくらいの速度です。

時速20キロ程度でまったり100キロくらい走りたい、それでいてパトカーや白バイに先導してもらいながら走ってみたいという人には、【追い】という選択肢もいいのかもしれません。
箱根の登りでパトカーや白バイ先導で登りたい人にはいいのかもしれませんが、箱根の5区、最終ランナーが通過したあとはかなり道が混んでいますので、くれぐれも迷惑がかからぬようにお気をつけください。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…