フレームサイズが大きくなるにつれて、BB下がりが小さくなるフレームと、大きくなるフレームの違い。

今回は、前編の続きです。

読者様数名から、フレームのBB下がりについて質問を頂いてました。 私が分かる範囲と、正直わからない範囲があるのですが、むしろ誰か答えを持っ...

BB下がりの記事に関してコメントがあります。私はロード初めてから何台か乗り換えましたが一貫してアルゴン18を乗り続けてます。(ツールに出てて他人と被らなそうだったので笑。現在はナイトロジェンディスク)
記事のリスト上でサイズが大きくなればBB下がりは小さくなる傾向を示しておりますが、アルゴン18は真逆でサイズが大きくなると同時にBB下がりが大きくなっております。(ナイトロジェンは同一ですが…)

参照:http://argon18.jpn.org/archives/products/gallium-pro-disc

記事上の各社とは結果が異なるので設計思想の違いと言われればそれまでですが、私も理系の端くれとして違う理由が知りたいです。(アルゴン18のHDSの影響で剛性と快適性を両立させるために擬似的にシートチューブの長さを確保する為にBB下がりを大きくしている等)。これは各社と違う事を批判するつもりはなく、確たる理由があってやっていると判明すれば良い意味での差別化になると思うためです。

大手販売店や雑誌のレビューでは低重心だとは書いてますが、それは結果だけであってそこに至った理由や採用するメリットをメーカーやブランドに近い場所から書いて欲しいと常々思うのですが中々そういった記事に出会えなくて残念です。

追伸
アンカーも数値の増加傾向は小さいとはいえアルゴン18と傾向は同じでした。
https://www.bscycle.co.jp/anchor/bikes/rs9s/

このようなお話です。

フレームサイズとBB下がり

一般的には、フレームサイズが大きくなるにつれて、BB下がりは小さくなります。

こちらがBB下がり。

BB下がりが大きくなるというのは、こういう状態に比べて、

青のラインの方向に下がるわけです。

で、前にもまとめたように、一般的傾向としては、フレームサイズが大きくなる=BB下がりが小さくなる、こういう形がほとんどです。
つまりBB位置が上がるのですが、恐らくこの理由はシンプルで、

フレームサイズが大きい⇒身長が高い人が乗る⇒クランク長が長くなる⇒ペダルが地面に擦りやすくなる

なのでフレームサイズが大きくなるに従って、BB位置を上げる(BB下がりが小さくなる)ということだろうと思います。

前回もまとめで出した主要なところのまとめです。

メーカー車種名タイプタイヤサイズBB下がり
小さめサイズ真ん中サイズ大きめサイズ
スペシャライズドS-WORKS TARMAC SL6 DISCレーシング26c74mm72~74mm72mm
S-WORKS VENGE DISCエアロ26c74mm72mm72mm
S-WORKS ROUBAIXエンデュランス28c77.5mm76mm74.5mm
S-WORKS DIVERGEグラベル38c85mm
LOOK795 BLADE RSエアロ65mm
785 Huez RSレーシング65mm
765 OPTIMUMエンデュランス25c68mm
トレックMADONE SLR9 DISCエアロ25c72mm70mm68mm
EMONDA SLレーシング25c72mm70~72mm68mm
DOMANE SLエンデュランス32c80mm80mm75mm
CHECKPOINT SLグラベル40c78mm76mm74mm
ピナレロDOGMA F12レーシング28C?67mm72mm67mm
DOGMA FSエンデュランス72mm
GREVIL+グラベル67mm
コルナゴC64レーシング28cまで65mm70mm70mm
CONCEPTエアロ28cまで65~69mm70mm70mm
G3-Xグラベル40c70mm
キャノンデールシステムシックスエアロ23c74~79mm72mm69mm
スーパーシックスEVOレーシング25c74mm72mm68mm
シナプスカーボンエンデュランス28c75mm73mm70mm
トップストーンカーボングラベル37c69mm61~64mm59mm
ラピエールXELIUS SLレーシング25c67mm
AIRCODE SLエアロ25c67mm
PULSIUMエンデュランス25c72mm69~72mm69mm
メリダScultura Limitedレーシング25c66mm
REACTO DISCエアロ25c70mm66~70mm66mm
RIDEエンデュランス25c65mm
SILEXグラベル38c75mm
YONEXAEROFLIGHTエアロ68mm
CARBONEX HRレーシング68mm
ビアンキスペシャリッシマレーシング25c58mm68mm68mm
オルトレXR4レーシング25c58mm68mm68mm
インフィニート CV DISCエンデュランス28c68mm
IMPULSO ALLROADグラベル35c68mm
スコットFOILエアロ28c66mm
ADDICT RCレーシング28c70mm
ADDICTエンデュランス32c67mm
SPEEDSTER GRAVELグラベル35c67mm
サーベロS5 DISCエアロ25c72.5mm70~72.5mm70mm
R5 DISCレーシング25c74.5mm72~74.5mm72mm
ASPERO DISCグラベル40c78.5mm76~78.5mm76mm
BMCTIMEMACHINE ROADエアロ25c70mm
ROADMACHINEレーシング28c71mm
ROADMACHINE Xグラベル34c71mm
TEAMMACHINE SLRレーシング25c69mm

ほとんどの車種は、フレームサイズが大きくなるにつれて、BB下がりは小さくなっていきます。
中には、フレームサイズ関係なくBB下がりが一定という車種もありますが。

で、今回頂いた話ですと、アルゴン18のガリウムプロは、フレームサイズが大きくなるにつれて、BB下がりも大きくなる(どんどん下がっていく)そうです。

フレームサイズXXSXSS
BB下がり65mm70mm75mm75mm

コルナゴのC64とコンセプトについても、同じような傾向が出ています。

C64コンセプト
420s65mm65mm
450s68mm68mm
480s69mm69mm
500s70mm70mm
520s
540s
560s
580s
600s

コルナゴについては、C-RSでも同様の傾向になってます。
コルナゴのジオメトリは、車種によってはBB下がりが記載されてないので全てに共通する傾向というわけでもなさそうですし。

ちなみに質問にあったアルゴン18の【HDS】というのは、HORIZONTAL DUAK ZONEの略だそうです。

斜めに線を引いて、上がコンフォートゾーン、下がパワーゾーンという設計。
これがどれだけ関係しているのかはちょっとわかりません。

一つ、ガリウムプロについて気が付いたことがあるのですが、どのサイズでもチェーンステイ長は同じ415mmで、フレームサイズごとのホイールベースはこんな感じ。

XXSXSSM
BB下がり65mm70mm75mm75mm
チェーンステイ長415mm
ホイールベース970mm973mm981mm997mm

ホイールベースは、前後の車輪間の距離。

チェーンステイ長が同じのまま、BB下がりが大きくなると、イメージとしてはこうなっていきます。

ちょっとだけリア三角が小さくなる方向かと。
それでもホイールベースは普通に長くなっていっているので、単にこのガリウムプロの狙いとして、リア三角の駆動剛性は下げたくないから、フレームサイズが大きくなるにつれてフロント側を伸ばして行こうとしただけなのかも?

チェーンステイ長415mmだとレーシングモデルとしてはやや長めくらい。
ちなみに先ほどあげた、コルナゴのC64とコンセプトについても、ガリウムプロと同様にフレームサイズが大きくなるとBB下がりも大きくなってますが、コルナゴはフレームサイズが大きくなるにつれて、チェーンステイ長も伸びてます。

C64コンセプト
BB下がりチェーンステイ長BB下がりチェーンステイ長
420s65mm405mm65mm399mm
450s68mm68mm401mm
480s69mm408mm69mm404mm
500s70mm410mm70mm406mm
520s407mm
540s412mm409mm
560s414mm412mm
580s413mm
600s

アルゴン18のHPに、このような記載があります。

5.チェーンステイ/リアトライアングル

理想的なチェーンステイの長さは求められるハンドリング特性により変わります。後三角のチェーンステイが短いほどハンドリングはクイックになり、早く走るためには逆に長さが必要です。ARGON 18のバイクは高い速度で走っても安定且つハンドリングも極めて良好です。

6.ホイールベース

フロントセンター長は、バイクのハンドリングやステアリングの特性を大きく左右します。不釣り合いに短いフレームは、過敏で予期せぬ挙動を起こし、意図したラインから外れがちになります。反対に長すぎる前三角はハンドリング性能を落とすことになります。ARGON 18のバイクは完璧にバランスの取れたホイールベースの設計がなされています。

http://argon18.jpn.org/technology

ガリウムプロが、フレームサイズが大きくなるにつれてBB下がりが大きくなる理由ですが、正直わかりませんw
可能性としては、ガリウムプロはレーシングモデルとして、とにかくコンパクトなリア三角とフロント側のバランスを追求した結果そうなったのかなと思うのですが、あまり説得力がある説明でもありませんw

単に重心を下げたいだけ?

フレームサイズが大きくなれば、乗る人も身長が高くなり重心が上がっていくので、少しでも重心を下げたいという意図から、BB下がりをどんどん大きく取っているのかもしれません。

フレームメーカーは、そもそも、どのクランク長をベースにフレーム設計するのか?という疑問があります。
クランク長無視ではフレーム設計はできないでしょうけど(ペダルが地面に擦るから)、どのフレームサイズでもクランク長170mmで最適化されるように設計しているのか、小さめのフレームは165mmクランク前提で設計などしているのか?という疑問もありますね。

最低限、ペダルが地面に擦らないような最低地上高は当然考えているでしょうけど、どうなんでしょうね?
最適クランク長をベースにしてフレーム設計するのか、とりあえず地面に擦らなきゃいいやだけではないでしょうし。

一般的思考だと、クランク長が長くなるだろうと予想される大きいフレームサイズは、逸れに合わせてBBを高くしたほうが合理的なんじゃないかと思ったりもするのですが、細かく考察していくと結局のところ正確な理由はよくわかりませんw
なんとなく、こういうアプローチしたいのかな?という憶測は出来そうですが、それが乗り味と一致しているかもわからない。

ジオメトリは奥が深いということはわかったのですが、すみません、今回はちょっと降参気味です。
というよりも、このあたりは開発者に聞かないとわからなそうですね。