BB下がりとタイヤサイズの関係性。

読者様数名から、フレームのBB下がりについて質問を頂いてました。
私が分かる範囲と、正直わからない範囲があるのですが、むしろ誰か答えを持っていたら教えて欲しいところですw

二つほど頂いているのですが、長くなるので今回は前編。

BB下がりについて

まず、BB下がりとは何者か?について。

前後の車輪の中心を結んだ線から、BB中心がどれくらい下がっているかの数字がBB下がりです。

似たような用語で【BBハイト】というのもあるのですが、BBハイトは地面からBB中心までの距離です。

ほとんどのメーカーは、BB下がりの数字を公表していて、一部メーカーだとBBハイトを公表してます。

タイヤサイズの考慮

前に、各社のBB下がりについてまとめたのですが、

各社のBB下がりについての傾向を調べてみた。スペシャライズドはダントツでBB下がりが大きい!

これについてご意見頂きました。

重心という意味で比較するのであれば、BB下がりの数値だけを比べても意味はないのではと思います。(記事中でも触れられていますが)BB下がりが同じでも、想定されているタイヤ外径が違えば地上高は変わりますので。当たり前ですがミニベロのBB下がりはたいていマイナスです。って本当に当たり前ですよねすみません。

ひと昔前ならロードのタイヤは700×23Cが標準、チューブラーで21やそれ未満の太さもあり得ましたが、昨今は25が当たり前、ともすれば28などという場合もあるようですので、どのタイヤサイズを基準値としているかで当然設計も変わっていると思います。ましてグラベルロード だと32とかそれ以上だったりすると思うので、BB下がりの数値が異なるのは当然と言えます。ロードと比べて高い場合と低い場合があるようですが、オフロードを意識して地上高を稼いでいるか、あくまでロードに近い重心になるようにタイヤの厚みの分下げているか、の違いだと想像しますがそのあたりは分かりません。

重心が高い方が/低い方が安定する、という話に関しては、重心が変化しにくい=安定と取るか、重心を変化させやすい=コントロールしやすい=安定と取るかの話だと思いますが本筋から逸れるので割愛します(需要があれば書きますが)。

ただ実際同じ700×25Cのタイヤでもメーカーによって実測の直径は違いますし、フレーム販売のみの車種だと「想定されるタイヤ外径」と言われても一概には言えないですよね…。特に複数のホイールサイズに対応と言われると、設計上どのサイズを基準にしたのか、あるいは間を取ったのか、そこまではメーカーも公表していないですよね。

これはその通りでして、タイヤサイズが変わればタイヤの直径が変わります。
完成車に付けるタイヤの実測値まで考慮して選んでいるのかというと、たぶんそこまでは考えていないのではないでしょうか?
25cなら25cの標準値を元にフレーム設計しているのかなと・・・

タイヤもメーカーによってバラツキはありますが、一般的に言われるタイヤ周長から、タイヤの半径を計算するとこうなります。

タイヤサイズタイヤ周長タイヤ半径
700×23c2096mm333.8mm
700×25c2105mm335.2mm
700×26c2117mm337.1mm
700×28c2136mm340.1mm
700×32c2155mm343.2mm
700×35c2168mm345.2mm
700×38c2180mm347.1mm
700×40c2200mm350.3mm

円周=2πrなので、π=3.14で計算。
23cと28cだと、おおよそ6mm半径が違うわけです。
つまり、【BBハイト】という観点で見ると、23cタイヤを履いた場合に比べ、同じフレームなら28cにすると6mm上がると言えます。

それを踏まえて、前に各社のBB下がりをまとめた表に、完成車で付いているタイヤサイズを追記してみます。
完成車には、きっとそのフレームに適したタイヤサイズが付いているだろうと仮定してます。
(フレームセット販売は、MAXタイヤサイズがわかったものだけ掲載)

メーカー車種名タイプタイヤサイズBB下がり
小さめサイズ真ん中サイズ大きめサイズ
スペシャライズドS-WORKS TARMAC SL6 DISCレーシング26c74mm72~74mm72mm
S-WORKS VENGE DISCエアロ26c74mm72mm72mm
S-WORKS ROUBAIXエンデュランス28c77.5mm76mm74.5mm
S-WORKS DIVERGEグラベル38c85mm
LOOK795 BLADE RSエアロ65mm
785 Huez RSレーシング65mm
765 OPTIMUMエンデュランス25c68mm
トレックMADONE SLR9 DISCエアロ25c72mm70mm68mm
EMONDA SLレーシング25c72mm70~72mm68mm
DOMANE SLエンデュランス32c80mm80mm75mm
CHECKPOINT SLグラベル40c78mm76mm74mm
ピナレロDOGMA F12レーシング28C?67mm72mm67mm
DOGMA FSエンデュランス72mm
GREVIL+グラベル67mm
コルナゴC64レーシング28cまで65mm70mm70mm
CONCEPTエアロ28cまで65~69mm70mm70mm
G3-Xグラベル40c70mm
キャノンデールシステムシックスエアロ23c74~79mm72mm69mm
スーパーシックスEVOレーシング25c74mm72mm68mm
シナプスカーボンエンデュランス28c75mm73mm70mm
トップストーンカーボングラベル37c69mm61~64mm59mm
ラピエールXELIUS SLレーシング25c67mm
AIRCODE SLエアロ25c67mm
PULSIUMエンデュランス25c72mm69~72mm69mm
メリダScultura Limitedレーシング25c66mm
REACTO DISCエアロ25c70mm66~70mm66mm
RIDEエンデュランス25c65mm
SILEXグラベル38c75mm
YONEXAEROFLIGHTエアロ68mm
CARBONEX HRレーシング68mm
ビアンキスペシャリッシマレーシング25c58mm68mm68mm
オルトレXR4レーシング25c58mm68mm68mm
インフィニート CV DISCエンデュランス28c68mm
IMPULSO ALLROADグラベル35c68mm
スコットFOILエアロ28c66mm
ADDICT RCレーシング28c70mm
ADDICTエンデュランス32c67mm
SPEEDSTER GRAVELグラベル35c67mm
サーベロS5 DISCエアロ25c72.5mm70~72.5mm70mm
R5 DISCレーシング25c74.5mm72~74.5mm72mm
ASPERO DISCグラベル40c78.5mm76~78.5mm76mm
BMCTIMEMACHINE ROADエアロ25c70mm
ROADMACHINEレーシング28c71mm
ROADMACHINE Xグラベル34c71mm
TEAMMACHINE SLRレーシング25c69mm

※ピナレロGREVIL+は、適合タイヤが【25c以上】(700cの場合)

※キャノンデール システムシックスは【700 x 26mm (23c)】とスペック表にあり。

こう羅列してみても意味が分からないので、同じカテゴリ同士で比較してみます(レーシングモデル)。

メーカー車種名タイヤサイズタイヤ半径BB下がり(フレームサイズ別)
小さめ中間大きめ
スペシャS-WORKS TARMAC SL6 DISC26c337.1mm74mm74~72mm72mm
トレックEMONDA SL25c335.2mm72mm72~70mm68mm
ラピエールXELIUS SL25c335.2mm67mm
メリダScultura Limited25c335.2mm66mm
ビアンキオルトレXR425c335.2mm58mm68mm
スコットADDICT RC28c340.1mm70mm
サーベロR5 DISC25c335.2mm74.5mm74.5~72mm72mm
BMCROADMACHINE28c340.1mm71mm

レーシングカテゴリのロードバイクだけを抽出してみました。
スペシャのS-WORKS TARMAC SL6 DISCとトレックのEMONDA SLの小さめサイズだけの比較でいうと、ターマックのほうが2mmほどBBは下がっているけど、タイヤ半径は約2mm大きいので、両者の比較でいうとほぼ同じと言えます。

これらアメリカンブランドと比較すると、メリダのスクルトゥーラあたりは、かなりBB位置が高めです。
BB下がりが小さいうえに、タイヤも25cなので、完成車同士の比較でいうと、こうなります(小さめサイズの話)。

・対ターマックSL⇒BBが8mm高く、タイヤ半径が2mm小さいので、トータルでいうと6mm高いイメージ

ビアンキのオルトレXR4の最小サイズもかなりBB位置は高めかと。

このあたりの設計思想は、よく言われるように、

・BB下がりが大きい=安定性重視

・BB下がりが小さい=機敏性重視

このようなフレームの設計思想なんでしょうけど、どのタイヤサイズをセットするか、ある程度メーカーが意識しているのだろうと思われます。
ただし何か法則性があるのかというとそういうわけでもないようで、26cとか28cの太めのタイヤを標準装備している完成車だと、BB下がりを大きく取っている傾向(S-WORKS TARMAC SL6 DISC、ADDICT RC、ROADMACHINE)で70mm以上のBB下がり。

これは重心を下げる方向なんだとわかります。

BB下がりが小さい車種は、大きなタイヤサイズを使うと足つきは良くなるでしょうけど、ペダルと地面の距離がかなり近づく印象です。

BB下がりをどう見るか?

LOOKとかは、BB下がりが小さい(BB位置は高め)です。
この辺りは乗り味の好みなのかなと思うのですが、このような意見も頂いてます。

私はジオメトリの中でBBドロップを特に重視していて値が異なる三つのフレームを持っているのですが、BBの高さがそのまま重心の高さに比例していると感じます。

所持しているのは66mm(ディスク)、70mm(リム)、76mm(ディスク)ですが現在はリムは乗っていなくて66mmと76mmを乗るので76mmを長く乗ったあとに10mmも違う66mmを乗ると慣れるまですごくヒラヒラしていて真っ直ぐ走るのが難しく感じます。(もちろんそれ以外の要素もあると思いますが)

最近はディスクブレーキだと重心が下がるという記事を見ますが、BBドロップの影響のほうがはるかに大きく感じるので、ブレーキ位置はそれほど関係ないのではと思っています。最近のフレームがBB下がりを大きく取るのが流行なのがディスクブレーキの重心と混ざって評価されているような感じを受けます。

BB下がりを重視しているという方のご意見です。
ヒラヒラするというのも、純粋にBB下がりだけが関係しているとも言えないので難しいですが、結構乗り味に影響を与えうる要素なことには間違いなさそうです。

そして付けるタイヤサイズ次第でも、変わってきます。
タイヤサイズが変わると、純粋な高さだけの要素以外にも、タイヤの太さによる安定感もあるので、一つの要素だけで語ることも難しい。

さきほどの表を、グラベルロードだけでやってみます。

メーカー車種名タイヤサイズタイヤ半径BB下がり(フレームサイズ別)
小さめ中間大きめ
スペシャS-WORKS DIVERGE38c347.1mm85mm
トレックCHECKPOINT SL40c350.3mm78mm76mm74mm
コルナゴG3-X40c350.3mm67mm
キャノンデールトップストーンカーボン37c69mm64~61mm59mm
メリダSILEX38c347.1mm75mm
ビアンキIMPULSO ALLROAD35c345.2mm68mm
スコットSPEEDSTER GRAVEL35c345.2mm67mm
BMCROADMACHINE X34c71mm

こうみると、やっぱスペシャライズドは断トツで低重心化したい傾向が強いですね。
このあたりは、太いタイヤを履くことが前提の設計でしょうから、間違っても細いタイヤを履くと無理が生じるかと・・・

同じ40cを履くグラベルロードでも、トレックのチェックポイントSLとコルナゴのG3-XはBBの高さがだいぶ違う。

このように、同じカテゴリの【レーシング】とか【グラベル】でも、選ぶフレーム、選ぶ完成車次第で、乗り味は結構変わってきます。
同じグラベルというカテゴリ内でもこれだけBB下がりに幅があるのが現状。

自分にベストなのがどこなのかというのは難しいところですが、試乗車に乗ったときに、ジオメトリを見てBB下がりをチェックしておくのもいいかもしれません。
ジオメトリの中では脚光を浴びにくいポイントですし、純粋なフレーム選びだとリーチとスタックあたりに目が行きますが、リーチとかスタックはサイズ選びのため、BB下がりとかチェーンステイ長とかは乗り味にかかわるので、試乗車で気に入ったものがあれば、即座にメモっておくといいかも。

最近のトレンドとしては、BB下がりを大きく取って低重心化・・・なのかなと思うのですが、必ずしもそうではなかったりすします。
また、リムブレーキ車とディスクブレーキ車でBB下がりを変えている車種もあるのかなと思っていくつか確認したのですが、オルトレXR4とか同じですし、スコットのアディクトも同じ。
BMCも同じでリムブレーキ車とディスクブレーキ車で、BB下がりを変えているというわけでもなさそうです。
(同じ車種同士での比較)

ちなみに後編なんですが、こっちのほうが私には難しい話題です。
多くのメーカーは、フレームサイズが大きくなるにつれて、BB下がりが小さくなります。
そんな中、フレームサイズが大きくなるにつれて、BB下がりも大きくなる車種があるが、どのような効果を狙っているのか?という質問です。

この質問はやや降参気味ですw