こだわりのアルミフレームというと、BMC TEAMMACHINE ALRを忘れてはいけない。

先日書いた記事の末尾のところ、軽い突っ込みがありまして。

今のフレーム素材の素材というと、カーボン、アルミ、クロモリとなるわけですが、アルミフレームながらもシートステイだけがカーボンになったものがあ...

2020年モデルを見たときに、アルミフレームでもハイエンドモデル、軽量アルミとなると、実はそれほど多くはありません。
というよりも、各社カーボンフレームに力を入れている関係なのか、アルミフレームでハイエンドモデルとなると、キャノンデールCAAD13とか、スペシャライズドのアレースプリントとか・・・

BMCのTEAMMACHINE ALRをすっかり忘れてました。

BMC TEAMMACHINE ALR

BMCのTEAMMACHINE ALRって当サイトでは何度も取り上げているクセに、いざと言うときにはすっかり忘れてしまう存在ですw
というのも、BMCってカッコイイのに、取扱店が少ない!
読者様からアルミフレームで相談を受けたときには、BMCを勧めることって結構多いのに、なぜかいざと言うときには失念してしまう・・・

こちらは、チームマシンALR DISC ONE。

こちらはリムブレーキ版のチームマシンALR。

最近流行のドロップシートステイで、エアロ形状。
これ、アルミフレームの中では結構軽いんですよね。

リムディスク
フレーム重量1165g1250g
フォーク重量375g405g

アルミフレームで最高峰となると、キャノンデールのCAADですが、CAAD13でフレーム重量が1158g(リムブレーキ)なんで、遜色ない軽量っぷりですし。
見た目もBMCらしさというか、結構好きなんですよね。

で、チームマシンは完成車販売なんですが、なぜかコンポがSRAM FORCE eTap AXS(ワイヤレス12速)があるのも、アルミフレームとしては珍しいところで。
その代わり、お値段は税別50万なんですが、アルミフレームでこの価格でも売れるもんなのかは謎です。

TEAMMACHINE ALR DISC ONETEAMMACHINE ALR DISC TWOTEAMMACHINE ALR  ONE
コンポSRAM FORCE eTap AXS105ディスク105
ホイールMavic Open Pro UST Disc手組Shimano RS-170Mavic CXP手組
サイズ3サイズ3サイズ4サイズ
値段(税別)50万27万18万

リムブレーキのほうは、コンポが105で18万なので、まあまあお買い得。
ディスクブレーキのほうは、スラムのワイヤレス12速があるのがポイントです。

アルミフレーム完成車で、定価50万を求める人が多いのかと聞かれると、たぶん少数派だろうとは思います。
世の中にはいろんな考え方があって、例えばこのスラムワイヤレスコンポの完成車を買って、2,3年乗ったらフレームだけカーボンに交換しようなどと思っている人もいるのかもしれません。

SRAM FORCE AXSのフルセットは、定価ベースだと税別29万くらいするはずなんで、完成車で買ったほうがお買い得と考える人もいるかもしれませんし。

強いて難点があるとしたら、フレームサイズは少ないこと。
ディスクは3サイズしかなく、リムブレーキでも4サイズ。
あと、BMCってなぜか取扱店が少ないのも難点です。

BMC好き!という人は多いので、もうちょっと取扱店が増えると嬉しいのですが。