ミラーについて少し意識を変えて走ってみた感想。

ちょっと前に、ミラーについて少し語った記事があるのですが、

ここ最近なんですが、ロードバイクにミラーを付けている人がどんどん増えているような気がしてます。 右側のバーエンドに装着しているのをよく見る...

やはりというか、ミラー使っている人って多いんですね。
コメント・メールともに結構来て、ちょっとビックリ。

で、私自身、ミラーなしで乗っていた期間が長過ぎるせいか、何かあると後ろを振り向いたほうが早いし、音に注目していたほうが安全だと思ってました。
ミラーがそこまで有用だと感じることもあまりなく・・・

その上で、少し考え方を変えてみようかと思いまして。

ミラーに過大な期待を持たない

読者様のコメントとメールで少し思い直したというか、

ミラーに過大な期待を持ちすぎ

これなのかなと思いまして。
どうも小さな鏡面を凝視するように見ないとわからない、と思って、凝視するくらいなら後ろ向いたほうが早いし・・・と思ってました。

読者様
読者様
バーエンドミラーの欠点として「大きさが分からない」「距離感がつかめない」というのが挙げられますが
私はミラーでは大きさも距離も判別しません
距離や車種などは音で大雑把に判断できますので「後方に何か来ている」という事だけ認識する物としています
夜間の走行では,車のライトが映るので昼間以上にその効果が有ると考えています

読者様
読者様
ミラーはあくまでも補助的なものなので、安全確認する時はしっかり振り返って後方確認する必要はあります。

ミラーだと距離感が掴めないのですが、まあ確かに

管理人
管理人
何か近づいてきている

これがわかるだけでいいのかも、と思ったので、ミラー自体はそのままで、意識を変えてみまして。

意識を変えた結果

こちらは信号待ちで停止中に撮った画像です。

何かが近づいてきたんだ、と知るだけの補助だと思えば、確かにあると便利かも・・・と思いまして。
今更何言ってるんだ?感はあるでしょうけど。

発想の転換でいうと、こんなイメージですかね。

ビフォーアフター
距離感が掴めない距離感は掴む必要がなく、何かが迫ってきていることだけ知ればいい
見づらい詳細に何が迫っているかを知る必要はなく、何かが迫っている程度でよい

あれからこのミラーをつけて、150キロほど走ってきました。

このミラー、難点は【ちゃんとしっかり固定してないと、走行振動で落下する】。
これは単なるミスですが、先日乗っているときもいきなり落下して、トラックの下敷きになるところでした。
下敷きにはなってなかったようですが、割れない素材なのがまだ良かったのか。

考え方を少し変えて乗ったのは一度だけなんで、今の段階では

管理人
管理人
無くてもいいけど、確かに何かが迫っているのが見れることはいいかな。

まあ、ミラーが付いていることでのデメリットは無いと思うので、もうちょっと試してみます。

ちょっと前に、ギアループのバーエンドミラーとサークルクランプミラーのインプレを書いたのですが、 この時、サークルクランプミ...

ついでにこっちも

今のところ、こっちのミラーのほうが可能性を感じるのですが、

強いていうなら、上ハンドル持つときに邪魔というほどではないけど、ちょっとだけ当たるというか、かするというか。
あとは微妙にセッティングが難しいことがデメリット。

もう一つバーエンドミラーを持っているので、

こっちももう何回か使って試してみます。

これは気のせいではなく、確実にだと思うんですが、最近ミラー付けているロード、やっぱ多いような感触が。
といっても土日は仕事で乗れないので、平日限定だとそもそもロードバイク自体がほとんどいないのですが。

たまに祝日とかに休み取って乗ると、ロード多いわーと思うので。
平日休みは平日休みで、ロードが少ないのである意味では特権なんですが。

ぶっちゃけ、ロードバイクが多過ぎても走りづらいし。

あと、ロードバイクにつけるのではなくて、腕につけるミラーをオススメしてくれた方も数名。

外走っているときに見かけるの、やっぱバーエンドミラーが多いですね。

というわけで、もうちょっと走って使ってみます。
梅雨入りしたので、休みの日が晴れるかどうか怪しいところですが・・・