TIMEのクリートが、微妙に変わった件。

久々にTIMEのクリートを買いました。
たぶん最後に買ったのは2年位前だと思うんですが、うちには新品クリートがゴロゴロあったので、買う理由がなく。

久々に買ってみて、なんか変わってました。
これ、いつから??

TIMEのクリートが変わった?

パッケージがどうだったのかまで思い出せませんw
その上で、前はL、Rの表記がもっと大雑把だったはずが、しっかり明記されてます。

メイドインフランスと書いてあります。
こんなもん、わざわざフランスで作らんでもいいのでは?と思うのですが、どこで作ってもコストは大して変わらないのでしょうか?

こちらは古いほうのクリート。

別にこのくらいなら全然使えるのですが、ステップインしたときのクリック感がやたら無くなってくるので。
左なんて、わずかなアクションで外れるくらいになってましたし。

この画像ではわかりづらいところなんですが、旧型クリートでは、何か所か横線が入ってまして。
その横線と、シューズの目盛を合わせれば元通りのクリートの位置で交換できるので、重宝してました。
しかし新型クリートには、その横線がなくなっている・・・

まあ、ほかにも指標はあるんで、普通に元通りの位置で交換はできますが。

不意に外れるようになったらヤバイ

峠の下りのコーナーリングで、踏ん張っている側が不意に外れるようになったら、もう終わりです。
シマノなどに比べるとクリートが高いんですが、こればかりはしょうがないので交換するしかない。

新品にすると、またステップインしたときのパチーン!という気持ちいい音が戻ってきます。

ここ最近は、モッサリ嵌るような感触しかなかったので。

パチーンと音が鳴ろうと、モッサリ音もなく嵌ろうと、使えればいいんですが。
もうちょっと頑張れば使えるでしょうけど、クリートカバーを使っていてもせいぜい1年とかが限度。
今回は一年持ってないですが。

ちなみに、こちらのアップヒール。

だいぶ削れてきましたが、まだ使えます。
これにしている理由は歩きやすいから・・・ではなくて、SIDIの純正ヒール、ちゃんと見ておかないと、ネジの頭にドライバーが掛からないほど削れてしまうんで。
ネジ頭が奥まっているからという理由だけで、これにしてます。

ちなみにTIMEのクリートには、固定モードもあるのですが、

固定モードを選ぶなら、TIMEじゃなくてもいいような気がします。

新品クリートにすると、シマノクリートカバーの加工品が収まりが非常に悪くなるというか、歩いていて外れやすくなるのも・・・
まあ、純正クリートカバーじゃないから文句言えませんが、そろそろ純正出してほしいです。

ちょっと前に、またクリートカバーを片方だけ無くしてしまったので、 TIME用クリートカバーを自作しました。 そろそろ...