身長が低い人は、650cと700c、どっちがいいのかについてそれぞれのメリット・デメリットを。

前に書いた記事の延長です。

先日の、身長156センチの方に乗れそうなロードバイクについての記事なんですが、 何名かから指摘されたのですが、650cという選...

前回、低身長女子に向いている650cのロードバイクについて書きました。 前回の記事が長くなり過ぎたので分割しています。 基本...

身長が低い人のロードバイク選びにおいて、それぞれのメリット・デメリットをまとめておきます。

650cと700cの違い

今普通に販売されているロードバイクは、ほぼ100%、車輪の径は700cです。
700cはタイヤを含めた直径が約70センチになり、650cは約65センチになります。
650cのほうが一回り小さいわけです。

車輪の直径が違うなら、当然タイヤも違うし、ホイールも違うし、チューブも違う。
フレームも違います。

コンポなどは共通ですし、ハンドルとかサドルとかは同じものを700cでも650cでも使えます。
なので650cと700cで規格が異なるパーツは、

・フレーム
・ホイール
・タイヤ
・チューブ

この4点です。
リムテープは700cでも650cでも共通に使えるものはあるので、困る可能性はほぼありません。
(リムフラップを使いたいなら別ですが)

650c VS 700c

いくつかのポイントに絞ってみていきます。

見た目・乗りやすさ

こちらはBOMAの650c。

こちらはアンカーの700c、女性モデル(420mm)。

どうしても700cでフレームサイズを小さくすると、スローピングがきつくなる上に、フレームとホイールの見た目のバランスもイマイチです。
ロードバイクらしさという点では、650cのほうがスマートに見えます。

また、700cでフレームサイズを小さくしても、さらにステムをやたら短くしたりしてちょっと不自然になるので、見た目でいうなら650cのほうが圧勝でしょう。
650cなら、それなりに長さがあるステムを使えることや、車輪径が小さい分、足付きも良くなりますし、バランスと載りやすさで言うなら650cが圧勝かと。

<見た目と乗りやすさ>

650c700c
90点20点

フレームの選択肢

650cはフレーム自体の選択肢がほぼありません。
私が知る限りでは、BOMAの650cくらいかと。


あとは、ジュニアロードとかになってしまいます。
それか、クロモリのオーダーフレームなど。

700cのフレームについては腐るほどあるので、特に困る要素はありません。
ただサイズの問題で、身長が低い人には乗れないメーカーもあります。
そういう意味では、700cだからどのメーカーでも選べるわけでもなかったりするので、点数化するとこんなイメージでしょうか。

<フレームの選択肢>

650c700c
10点70点

パーツの選択肢と入手性

今は700cホイールやタイヤが全盛なので、タイヤ、チューブ、ホイール、どれをとっても700cは選択肢が豊富です。
正確な数は数える気にもなりませんが、完組ホイールでいうなら、650cはほぼ選択肢はありません。
650cを選択した場合、ホイールについては手組ホイール(ショップで組んでもらう)になるかと。

700cだと、ゾンダだとかキシリウムだとか、デュラエースだとかボーラだとか、ROVALガー・・・といくらでも選択肢があります。
650cにはゾンダもキシリウムも無いですし、デュラエースもボーラも無いです。

BOMAでは細々と完組ホイールを作っているようですが・・・


タイヤについても、650cだと多少制限が掛かりますが、細々といくつかはあります。
チューブも650cだと選択肢はほぼないです。

多くのショップでは、そもそも650cのタイヤもチューブも、在庫はないでしょう。
今は通販全盛なので、アマゾンだとか海外通販で探せば普通に買えますので、入手性自体が悪いとは思いませんが、とにかく650cは選択肢が皆無に等しい。

<パーツの選択肢>

650c700c
5点100点

総合的に見て

結局のところ、パーツやフレームの選択肢が皆無に等しいという点で、650cは勝ち目が薄いのが実情です。
前の記事でもたくさんの方からメールなど頂いてますが、身長が低い方の場合、乗りやすさでいうならやはり650cが圧勝だそうで。
ロードバイクとしての見た目も、650cのほうがスマートに見える。

ただし、とにかく選択肢がないことだけが難点と言えます。

ジュニアロードの中には650cのモデルもありますが、そういうモデルだと今度は付いているパーツがショボイことが多い。

本格的なモデルだと、あとはキャニオンの女性モデルもあります。
キャニオンの女性モデルだと、2XSと3XSが650b規格のホイールになっているものが多い。
車輪径は650cと700cの中間みたいな感じです。

https://www.canyon.com/ja-jp/

ただしキャニオンだと通販オンリーなので、初心者の一台目としてはちょっとハードルが高い。
キャニオンでも面倒を見てもらえるショップがあるなら問題ないですが、650bでもパーツ類の選択肢は無いに等しい。

身長が低い人のロードバイク選びはなかなか大変なわけですが、無理して700cにして、ステムをやたら短くしたり、サドルをありえないくらい前に出すようなセッティングじゃないと乗れないようであれば、650cとか650bを選択したほうが乗りやすい=安全に繋がると言えそうです。