【2021モデル】FUJI ACE650。650c採用で低身長向け??いやキッズ向けなのか・・・

650cの車輪を採用したロードバイクは、現状ではほとんどありません。
700cだとどうしても低身長女子とかには乗りづらい&見た目がロードバイクらしくないなど不満を持つ人もいます。

かといって650cなら何でもいいのかというと、そういうわけでもないのですが。

2021 FUJI ACE650


650cのロードバイク、思い浮かぶのはこれとBOMAくらいしかないです。
650Bであればキャニオンとかも出てきますが。

FUJIのACE650のスペックです。

フレームA1-SL アルミ
フォークスチール
STIターニー
クランクノーブランド50-34T クランク長152mm
FD,RDターニー
スプロケターニー 14-28T 7s
ブレーキノーブランド
ホイールVera Corsa DPM27
タイヤVera Invictus, 650 x 23c
重量9.7キロ
値段(税別)68,000

ジュニア用、さらに入門用という印象で、アルミフレームにスチールフォーク、コンポはターニー7速。
低身長の人はジオメトリ的には乗りやすいでしょうけど、スペック的にはちょっと不満が出そうな感じ。

低身長の人が困るのって、結局こういうところなのかもしれません。
ジオメトリ的には650cとか650Bのほうが乗りやすいよね、と思っても、選択肢が無い。
このFUJIだと、スペック的にはちょっとなぁ・・・となる。
もちろん子供の入門機としては十分ですが。

キャニオンだと今度は通販オンリーになる。
なかなか難しいのが650cの問題点かもしれません。

前回、低身長女子に向いている650cのロードバイクについて書きました。 前回の記事が長くなり過ぎたので分割しています。 基本...

SL-A、消えた??

2021年モデルのFUJIのラインアップを見ていて気になったのですが。

軽量アルミフレームのSL-A、消えてます。


ロードバイクは以下のものだけ。

車種名フレーム素材ブレーキタイプ
TRANSONICカーボンリム
カーボンディスク
SL1.1カーボンディスク
FOREALスチールディスク

そのほか、グラベルロードのJARIとか、ストリートロードカテゴリはまた別にありますが。
ロードバイクのアルミフレームが消滅している!

時代がアルミロードを求めていない・・・ということなんですかね。
何かせつなくなる・・・