【2021モデル】BIANCHIのROMA3とC-SPORT2は何が違う?

読者様から質問を受けていたので、回答します。

ビアンキのクロスバイクには、ROMAシリーズとC-SPORTシリーズがあります。
ROMAシリーズは、グローバルサイトには一切記載が無く、日本オリジナルモデルと言われます。
C-SPORTはかつてはカメレオンテと呼ばれたクロスバイクの後継機種。

ROMA3とC-SPORT2はどちらもディスクブレーキでリア8速だけど、価格差が出るほど違うのか?という話がありましたので。

2021 BIANCHI ROMA3&C-SPORT2


正直なところで言うと、そこまでスペック差があるというわけでもありません。
強いて言うなら、ROMA3のほうはフロントがダブル、C-SPORT2はフロントトリプル。
ROMA3は28cタイヤなのに対し、C-SPORT2は38cタイヤと極太タイヤになっているくらいの違いだと思えばいいかと。

詳細スペックで見てみます。

C-SPORT2ROMA3
フレームアルミアルミ
フォークアルミアルミ
シフターST-EF505(アセラ)SL-M315
ブレーキレバーBL-MT200(アセラ)
クランクFC-TY301 42×34×24TFC-TY5012 48×32T
FDFD-TY700(ターニー)FD-TY710(ターニー)
RDRD-M360(アセラ)RD-M310(アルタス)
ブレーキBR-MT200(アセラ油圧)BR-UR300(アルタス油圧)
リムALEXRIMS ATD500(C19,500g)ALEXRIMS ATD470(C17,460g)
タイヤKENDA K1067 KWICK TENDRIL 38CKENDA K1081 28C
値段69,80079,800

どちらもアルミフレーム&アルミフォーク。
ワイヤーはフレーム内蔵。
このあたりはほぼ互角のスペックですし、どちらかが軽量・・・と言えるほどの差があるとは思えず。

細かいスペックを見て行くと、アルタスよりもアセラがワンランク上のコンポだとかあるんですが、アルタスとアセラで劇的な差が生まれるものでもない。
どちらも油圧ディスクブレーキだけど、C-SPORT2のほうがワンランク上のスペック・・・とも言えなくはないけど、このあたりはほぼ同じようなモンと考えていいレベルの差。

なので凄く大雑把に言うと、
・フロントの変速数
・タイヤの太さ

この違いくらいで考えていいと思います。


強いて言うなら

どちらもフレームはオーソドックスなクロスバイクというイメージなんですが、ROMA3のほうはフロントダブルでタイヤも細めなのでスピード出しやすい・・・かなくらいの話。
C-SPORTはタイヤが38cと太いので、安定志向な印象はあるんですが、タイヤなんて気に入らなきゃ変えれば済む話。
リム幅がちょっと違うので、C-SPORT2は28cまでしか細く出来ない。
ROMA3は25cでも履ける。

クロスバイクでアルミフォークに25cだと結構振動がきついと思うんで、素直に28c以上で乗ったほうがいいとは思いますが。

個人的にですが、デザイン性はC-SPORTのほうが好きかな・・・という感じなんで、この二つで迷うならとりあえずは見た目だけで選んで何ら問題が無いと思います。
C-SPORTの太いタイヤがイヤなら、タイヤなんて変えれば済む話ですし。

スペックを見る限り、なんでROMAのほうが高いのかはよくわかりません。
たぶんですが、グローバルモデルと日本オリジナルモデルでは製造量も違うと思うので、そういう差なのかなと勝手に予想したりもしますが、詳細は不明!

元ビアンキ乗りとしていいますと、ビアンキってクロスバイクについては力を入れている・・・ようにはあまり思えないのが本音です。
クロスバイクに力を入れているブランドと言うと、ジャイアント・・・かな?
コーダーブルームとかも力を入れている印象はありますが。


なのでスペックと値段で見ると、いわゆる【コスパがいい】とは正直なところ思いません。
しかし何度も書いているように、私の中でのコスパと言う表現は、乗りたいものに乗るのが最もコスパがいいと思っているので、デザイン性が気に入るならやはりビアンキを選ぶべき。
いくら安くても、チェレステがいいと思う人に他社のクロスバイクを勧めてもしょうがないので。

一時期、ビアンキはロードフレームと全く同じものでフラットバーロードも出したりしたんですが、最近はそういう方向性って受けないんですかね?
フラットバーの自転車も、油圧ディスク&太目のタイヤが流行りなのかなと・・・