ZIPP 303 Firecrest Tubeless Disc。フックレスリムはやはり低圧運用で。

先日、ZIPPのフックレスリムのお話を書きましたが、

ZIPPからフラッグシップモデルのニューホイール、353 NSWが発表されているわけですが。 ZIPPといえばフックレスリムを推進している...

読者様がZIPP 303 Firecrest Tubeless Discを買ったとのことで、簡単なインプレを頂きました。

ZIPP 303 Firecrest Tubeless Disc

http://www.intermax.co.jp/

まずはスペックから。

F重量613g
R重量739g
ペア重量1352g
リムハイト40mm
リム内幅25mm フックレス
適合タイヤチューブレス(レディ)のみ
最大空気圧72.5PSI(約5Bar)

話題のフックレスリムですので、クリンチャータイヤは使えません。

以前ご相談させて頂いたZIPP 303 Firecrest Tubeless Discを購入したのですが、かなり良い感じです。

比較が鉄下駄のレーシング800DBとBORA WTO 45 DBだけなのですが、オールマイティに使えて乗り心地もかなり良いです。

特に風に対して強く、安定感は高いと感じました。

無風な平坦ではWTOの方が早く感じますが、その辺りはホイールの性格の違いだと思います。

軽くて昇りもいける、28Cの太いタイヤと低い空気圧で乗り心地がよく疲れにくい、風にも強いとロングライドにはかなりオススメのホイールです。

それと空気圧ですが前3.45bar後ろ3.67barでこんなので大丈夫??と思っていましたが、確かにこれくらいが一番具合が良かったです。

空気圧・・・メッチャ低いですよね。
これで乗れるの??と思ってしまうのがフックレスリムの特徴ですが、28cで最速になるように設計されています。

この空気圧で乗り心地と転がり抵抗のバランスが取れるのが凄い。

問題はタイヤの脱着

たぶんこの手のホイールを検討している人は、一番気になるのはタイヤの脱着の相性ではないでしょうか?
なので聞いてみました。

管理人
管理人
タイヤの脱着・・・どうでしたか?
タイヤの銘柄も教えていただけると助かります。

タイヤはIRC FORMULA PRO TUBELESS READY S-LIGHT 28Cを装着しましたが、レバーを使わなくても何とかはめられました。
あまり外出先ではめ直したいとは思いませんが、何とかなる範囲内だと思います。
ビードも割りとすんなり上がったので、相性は悪くなさそうです。

シーラントは最近出てきたBLACK OXを使いましたが、特に漏れたりはありませんでした。

低い空気圧で運用出来るので、もしパンクしてもスタンズのダートツールを挿して、携帯ポンプでのポンピングも少なく済みそうなので、CO2ボンベなどが減らせるのもメリットだと思います。
それでも駄目なら私は素直にロードサービスを使うと思います。

そこまで大変だったというわけではなさそうです。
けどいろいろやってみてダメそうなら、ロードサービスに頼る予定とのこと。

ちなみにスタンズのダートツールって、これです。

シーラントでは塞がらない大きめの穴に対応するそうです。
中にシーラントが入っていることが前提のようですが、便利そうですね。

私が使っているわけではないので何とも言えませんが、一つの参考にどうぞ。