PVアクセスランキング にほんブログ村

ARGON18 SUM。エアロ性はそのままにオールラウンドなバイクへ。

ARGON18というと、カナダの実力派ブランドとして知られていますが、2022からはSUMという新しいバイクが加わっています。

ARGON18 SUM

https://www.argon18.com/en/

ARGON18というと、エアロロードのNITROGEN、軽量ロードのGALLIUMがあったわけですが、SUMはそのいいとこ取りとも言えるような一台。
つまり、NITROGENの空力性能はそのまんま維持して、かつ軽量化を果たした上に剛性も保ったようなオールラウンドバイクと見ていいのかと。

フレーム重量だけで比較します。

車種フレーム重量フォーク重量
NITROGEN980g400g
GALLIUM PRO DISC820g360g
GALLIUM  DISC893g448g
GALLIUM CS DISC1200490g
SUM PRO850g
SUM890g

※SUM PRO、SUMともにペイント済み重量。

NITROGENが980gであることを考えると、同等の空力を維持しながらもだいぶ軽量化を果たしていると見て取れますが、カムテール形状のチューブ、オフセットシートステイなど近年のトレンドはキッチリ押さえてますね。
登りのコースにおいても、軽量クライミングバイクのGALLIUM PROよりも速いらしい。

アルゴン18の特徴に3Dヘッドシステムがあります。
もちろんSUMでも採用されたアルゴン18独自のテクノロジー。

最近、アルゴン18って結構いいなと思って眺めているのですが、アルゴン18には【3Dヘッドシステム】というものがあります。 これ、あまりない...

ステムの高さを変えても、ヘッドのベアリングの位置が最適化されて剛性を保つシステムです。
砂時計型のヘッドチューブも剛性確保に貢献します。

https://www.argon18.com/en/

ちなみに軽量クライミングバイクのGALLIUM PROの場合、オフセットシートステイが採用されておらず、いわゆる「伝統的なフレーム形状」です。
SUMではオフセットシートステイを採用することによりGALLIUM PROよりも快適性と路面追従性を大幅に向上させている点も見逃せないポイント。

つまり、
空力がエアロロード並み、軽量性も快適性も路面追従性も大きく向上したレーシングバイクと言えます。

フレームセット販売のみ

アルゴン18のバイクは、ほとんどが完成車ではなくフレームセット販売のみです。
SUMも同じくフレームセット販売のみ。

SUM PROSUM
488400円366300円

どちらも同じモールドを使用していますが、カーボンレイアップの違いがあります。

海外のレビュー見てると、結構評価高いんですよね。
レーシングバイクとしての切れ味も高め。

タイヤクリアランスは30cまで。
最近のディスクロードは28cあたりでも珍しくない時代です。
海外だと完成車販売もあるっぽいですが、日本ではフレームセット販売のみなので、なかなか初心者が選ぶブランドにはなりにくいのですが、アルゴン18って実物見るとかなりかっこよくて欲しくなる笑。
プロから評価が高いアルゴン18、もうちょい広まると嬉しい。

ちなみに本国サイトをみると、SUMは2022年後半からと書いてありました。
この時代、ロードバイク関係はフレームもパーツも品薄、生産遅れが続いていますが、何気に2022年モデルの大穴の一台だと思っていたりする。

ちなみにDシェープ型の専用シートポストは付属します。
新しくディスクロードを一台組んでみたい人にオススメですが、そもそもパーツも入手性悪いこの時代なので気長に待つことになるのかも。