PVアクセスランキング にほんブログ村

チューブとオススメ。

ロードバイクにインナーチューブは必須・・・と書こうと思ったけど、インナーチューブが必須なのはクリンチャータイヤ派の話なので、チューブレス派には無関係ですね笑。

真の伝統主義者だと、クリンチャーなんか邪道だからチューブラーこそが至高なのかもしれません。

さて、チューブのオススメについて聞かれたのですが、チューブの性能は様々。
何を求めるか次第なのでは?

チューブの性能

チューブの性能と言っても、転がり抵抗の低さ、振動吸収、重量、耐パンク性能、エア抜けの早さ(遅さ)など様々です。
値段もある意味では性能の一部と考えることができます。

あくまでも相対的な見解になりますが、こんな感じでは?

ブチル 軽量ブチル ラテックス 軽量ラテックス TPU
転がり抵抗 やや低 やや低
振動吸収 やや良 並?
重量 やや軽 やや軽 激軽
耐パンク性能 やや低 やや低
値段 やや高 激高
エア抜け 激早

凄く大雑把にまとめるとこんなイメージ。
ちなみに「激高」は「げきこう」ではなく、激しく高いの略。
チューブが突然激怒したりしませんので、ご安心ください。

振動吸収はしなやかなチューブほど良いですが、空気圧に依存する要素が強い。
良くも悪くも、スタンダードなブチルチューブは並です。
TPU系はお値段高め、扱い注意。

普通にワンデイライドなら、個人的にはラテックスチューブをオススメします。
ラテックスチューブは扱い注意のようなイメージを持つ人がなぜか多いですが、軽量ラテックスチューブじゃない限りはそこまで扱いに注意とは思いません。
ヴィットリアのラテックスチューブは大して軽いわけではないのですが、転がりもいいし値段も手頃。
エア抜けもブチルチューブに比べたら早いけど、1日乗る程度であれば気にするほどでもない。

軽量ラテックスチューブのエア抜けについては、「激早」です。
早いねと言われると傷つくケースもありますが、早いんだから仕方ない。
我慢できない子=軽量ラテックスチューブだと思えばよい。

ちなみにカーボンリム&リムブレーキ車はラテックスチューブ、TPU系チューブは不可。
ブレーキ熱でチューブがトロトロに溶けてしまいます。

結局のところ

チューブの違いで走りが変わる面はありますが、どちらかというとフィーリングが変わるというイメージかと。
チューブ変えたらスピードが上がるかというと、ほとんど変わらないかと。

カーボンリム&リムブレーキ車にラテックスチューブを使うのは、本気でやめた方がいい。
チューブが溶けて穴が開くと、爆死しますから。

ブチルチューブについては、海外通販ならかなり安いので、値段と性能で言うなら最強です。
性能は全て並。
安いときは一つ350円くらいですし。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…