PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

報道は・・・

blog
スポンサーリンク

こんな報道がありました。

電動アシスト自転車でひき逃げをした罪などに問われた男に、静岡地裁は執行猶予付きの判決を言い渡しました。

 

判決によりますと静岡市清水区の会社員の男(35)は4月、静岡市駿河区の歩道を電動アシスト自転車で走行中、前を走っていた自転車に衝突。会社員の男性(34)に左腕骨折などの重傷を負わせたにもかかわらず、その場を立ち去りました。

 

9日の判決で静岡地裁矢田部峻裁判官は「電動アシスト自転車の最大速度や出力の範疇を超えているとわかった上で、スピードを出して犯行に及んでいて危険性を十分に認識していた」と指摘しました。

 

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

電動アシスト自転車で歩道を走行して先行する自転車に衝突し、左腕骨折の重傷を負わせて立ち去った事件について、静岡地裁は執行猶予付き判決を下したそうな。

 

ん??

どこかで聞いたような話

報道を読んでいて「どこかで聞いたような話」だと思ったのね。
これじゃん。

 

歩道を電動アシスト自転車で時速40キロ!?しかもひき逃げ。
以前、歩道を時速約40キロで通行していた自転車が事故に遭った判例を紹介したことがありますが、 この判例では自転車乗りは被害者です。 けど時速約40キロで歩道を通行する自転車なんてマレな話だと思ってました。 そんな中、このような報道が。 起訴...

 

この事件は、道路交通法が認める電動アシスト自転車の基準を大きく越えた違法電動アシスト自転車(最大時速40~50キロ)を歩道で乗った事件。
そのため自転車の事故として処理されておらず、原付で時速40キロ出して歩道を通行して起こした事件なので、危険運転致傷罪と道路交通法違反(ひき逃げ)で起訴された案件ですよ。

 

ええと、なぜそのように報道しないのだろうか?
公判の段階で何かあったならともかく、もうちょい深い内容を報道しないと「違法電動アシスト自転車」に対する警告にすらならないじゃん。

 

そのうち判決文が出回るかもしれないけど、自転車には適用されない危険運転致傷の判例、つまりは原付が歩道で暴走した話なはずなんだけどな。

 

報道って不思議。

報道とは

報道が全てを伝えるわけじゃないけど、有名な事故について報道と判決文を比較すると、報道って時にいい加減だよなと思うこともありまして。
擁護する気は全くないけど、これもそうか。

 

自転車と言えど、横断歩道手前では減速・停止義務があります。
自転車も車両なので、当然ですが車道を通行して横断歩道に接近する際は、減速義務や一時停止義務があります。 当たり前のこととして、前方左右を注視して進行する義務も。 何ヵ月か前に、ウーバーイーツの配達員が夜間無灯火で横断歩道事故を起こしました。...

 

報道によるとウーバーの運転者が「悪天候による追加報酬を得るために速度を上げたと裁判官が指摘」とある。
判決文見ると、「悪天候による追加報酬を得るために速度を上げた」とは読み取れないと思うんだけどな。
若干意訳に感じる。

 

まあ確かに報道の静岡地裁の件も電動アシスト自転車の事故としても見れなくはないけど、法定のアシスト上限をはるかに越えた違法電動アシスト自転車(原付)を乗り回して事故を起こした案件なことはきちんと報道した方がいいと思う。

 





コメント

タイトルとURLをコピーしました