PVアクセスランキング にほんブログ村

[2023]Calamita Due+。COLUMBUS CROMOR使用のクロモリフレーム。

2023年モデル

部品調達が遅れていたCalamita Due+が、販売開始だそうな。

2023 Calamita Due+


 

モデルチェンジしたわけではなく継続モデルです。
COLUMBUS CROMORのチューブを使用していますが、軽量クロモリチューブというよりはやや肉厚、耐久性があり振動吸収に優れたチューブです。

シートステイが後方をベンドした形状で振動吸収性を高めたモデルですが、ソラ完成車(2×9)で9.3キロ。
ソラ完成車としてはむしろ軽い部類になるので、まあまあ驚きです。
例えば、メリダのスクルトゥーラ100(リム)はクラリス完成車で9.3キロ。
まあ、重量なんてロードバイク選びの大要素とも言えませんが、軽いと嬉しいのはサイクリストの性癖とも言っていいでしょう笑。

 

完成車で20.5万(税別)。
見た目は派手さがなくシンプルな一台ですが、クロモリフレームの完成車ってそれほど選択肢が多いわけではないし、かといってオーダーフレームは財布が爆発して弾け飛ぶ人もいるわけで…
ラレーCRFはレイノルズ631チューブを採用しコンポは105にして9.5キロ。
値段は税込236500円なので値段的には大差ないけど、Calamita Due+のほうがコンポが2ランク下がっても軽い。


 

ラレーも人気がありますけどね。

クロモリ移行派

なぜか読者様の中には、カーボンからクロモリに乗り換えた派がまあまあいるのですが、フレーム素材として優れているのがどっちなのか?という問題を越えて、「それでもクロモリを選ぶ理由」があるわけです。
レース機材として見るならカーボンなんでしょうけど、最終的に求める性能がもっと感覚的というか、官能的というか。

 

速いとか、軽いとか、そういう次元ではないんじゃないかと。

 

まあ、好きなものを選んで乗るのが一番ですよ。
趣味なのに他人にケチつけられる筋合いもない。

 

どうでもいい話なんですが、ちょっと前にあるSNSで

 

「クロモリ女子とつながりたい」

 

というハッシュタグを見ましたw
見るからに「オッサン」でしたが、カーボン女子やアルミ女子ではなくクロモリ女子というところで爆笑したのですが、ロードバイクに乗るのに女子を求めるのはいろいろ心配に感じてしまうのは私だけでしょうか?
走り自体を楽しんだほうが健全な気がしますが、これも趣味なんだから好きにすりゃいいんですかね。

 

「チタン女子とつながりたい」とか「マグネシウム女子とつながりたい」とか「バンブー女子とつながりたい」だとだいぶ対象者は少なそうな気がしますが、まずは自転車自体を楽しみたいですね。
繋がった先に何があるのか知りませんが。

 




コメント