PVアクセスランキング にほんブログ村

ゴム比率を高めた新作タイヤ。

blog

いったい何の話だろう?

前モデルのGTOAIRよりもゴムの比率が高くなり

 

【新商品】【前モデルからバージョンアップ!!】自転車パーツブランド「GORIX」の、自転車用タイヤ(Gtoair Edition)から「700×28c」サイズが新発売!!
GORIX株式会社のプレスリリース(2022年10月25日 08時00分) 新商品 前モデルからバージョンアップ!! 自転車パーツブランドの、自転車用タイヤ(Gtoair Edition)からサイズが新発売!!

ゴム比率を高めたタイヤ

blank

ゴム比率を高めたタイヤという謎の宣伝文句になってますが、前作のタイヤ、異常なくらいバースト事例を見たり聞いたりしたので、その影響なんですかね。
まあ、バーストした画像とかはネット上に転がってます。

blank

日本が誇る有名ゴムブランドは、薄くしなやかにゴム比率を下げる方向になっていたはずだが?
いや、比率は下がらないか。
薄さと耐久性を両立させることに全力を注ぎ、漢のロマンを追求していたはず。

 

管理人
管理人
その節は大変お世話になりました。

 

ゴムの比率と使用率は、下げちゃダメだよね。

第一位といえば

blank

ところで、ロードバイクのメカトラブルの第一位といえば、まず間違いなくパンクじゃないかと。
プロレースでも、パンクしてホイール交換してますもんね。

 

タイヤをケチる者はタイヤに泣く。
必ずしも最高級タイヤである必要はないにしろ、下り坂でバーストしたら爆死しますから。



コメント