PVアクセスランキング にほんブログ村

オルトレRCは、誰のためのバイク。

2023年モデル

ビアンキが「エアロボリューション」として予告し、盛大に発表した新型オルトレRC。
しかしながら、自慢のAir DeflectorについてはUCIが認可していないというケチがつくという笑。

 

オルトレRCはUCIレースで使用不可!?
先日発表された、新型オルトレRCですが、 なんとびっくり! UCIが認可してないそうな笑。 参照: オルトレRCはUCIが認可しとらん オルトレRCはヘッドチューブ側面にあるAir Defl...

 

そもそも現在、ビアンキはプロチームに機材を供給していません。
自慢のAir Deflectorを外せばプロチームでもレースに使えるそうですが。

ビアンキがやらかした問題

blank

blank

Bianchi | Performance bicycles since 1885
Bianchi has played a core role in cycling and led the greatest riders to victory. And it's all going on by the new cutting-edge bikes.

ビアンキはヘッドチューブ側面にAir Deflectorという空洞を設け、空力を向上させたとしています。
バイク全体の最適化により、オルトレXR4よりも50キロの速度で17w節約。
250ワット/h の出力で40kmの距離を45秒短縮したとしています。

 

問題なのは、Air Deflectorを外した場合にはどうなのか?が一切公表されていない点。
UCIレースで使えない構造をベースに「空力向上した」と言い張られても違和感しかない。

 

ただまあ、個人的にはこのAir Deflector。
効果として素晴らしいものなのかについては懐疑的。
ヘッドチューブ後方に低圧ゾーンを形成して…ホンマかいな??

誰のためのバイク?

プロが使えないAir Deflectorをわざわざ搭載している理由もよくわかりませんが、オルトレRCは誰に向けたバイクなのでしょうか?
明らかにレース向けの1台。
けどUCIが関係するレースでは、エアロボリューションの目玉の親父ともいえるAir Deflectorは外さなければならない。

 

そもそも、「脱着式」で作られている点も不自然と言えば不自然。
脱着可能にしなければならない理由があるから脱着式に設計したと言われてもおかしくはない。

 

今後UCIルールが改定される見通しがあってAir Deflectorにしたのか?
はなからUCIレースを対象にしていないのか?

 

これからは少しずつオルトレRCのレビュー記事も出てくると思いますが、自慢のAir Deflectorを外した状態で既存のオルトレXR4を上回る何かがないと、ちょっと厳しいような気がします。
というよりも、オルトレXR4やXR3は併売するのでしないのですよね??

 

既にAir Deflectorを自作してマイバイクに貼り付ける猛者も登場しているようですが(笑)、盛大に発表したわりにはどこかお粗末な感じが残ります。
違う方法はなかったのだろうかと。





コメント