PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

自転車にも車間距離保持義務があります…

blog
スポンサーリンク

なんでこうなるのやら。

スポンサーリンク

車間距離保持義務

自転車だろうと車間距離保持義務がありますが、

(車間距離の保持)
第二十六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

当然この義務から、先行車が減速したら同じく減速する義務があるし、停止したらそれに応じて速度を調整することになりますが、これはなんでこうなるのやら。

 

この場合、先行車が急ブレーキを掛けたわけでもないのですが、車間距離保持義務はこのように解釈されます。

道路交通法26条1項の「先行車が急に停止したとき」とは、先行車が制動機の制動力によつて停止した場合のみならず、制動機以外の作用によつて異常な停止をした場合も含むとした原判決の判断は相当である

 

最高裁判所第二小法廷  昭和43年3月16日

先行車が急に速度ゼロの壁になった場合でも衝突を回避できることを求めている点に注意。

 

しかしまあ、転倒してしまえばコントロール不能になるわけで、転倒しないような速度と方法で自転車に乗ることは言うまでもない基本的な注意義務としか。

なぜ?

なんでこうなるのやら…という疑問しかありませんが、先行車の状況を見ながら速度を調整して乗るのは全ての車両に課された基本的な注意義務なので。

 

転倒する以前に速度をコントロールすべきとしか。


コメント

  1. ゆき より:

    前方の車両がバーストやエンジンブローしたり、地面の穴に落ちたり、トンネルや橋に引っかかるみたいなのはあまり起きないけど、
    前方の車両に追突して、その場で急に0km/hで止まったりとからソコソコありますからね。

    自分が安全に減速出来るような車間を取ってなければ、後ろからも自分と同じように止まれずサンドされる危険性が高まるだけよ。
    車と車に挟まれたらねぇ?

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      車間距離を取らないことの恐ろしさを理解してない人って、ヤバイですよね。

タイトルとURLをコピーしました