PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

ERE RESEARCH EXPLORATOR GCR 40。40mmハイトでもアルミリム!?

blog
スポンサーリンク

いきなりですが質問です。

Explorator GCR40
Introducing the New Explorator GCR40 wheelset Elevate Your Cycling Experience✅ Unbeatable stiffness for demanding riders...

40mmハイトのホイールになりますが、これはカーボンリムでしょうか?アルミリムでしょうか?

 

答えはアルミリムなんだそうな。

スポンサーリンク

ERE RESEARCH EXPLORATOR GCR 40

Explorator GCR40
Introducing the New Explorator GCR40 wheelset Elevate Your Cycling Experience✅ Unbeatable stiffness for demanding riders...

ERE Researchはあまり馴染みがないブランドに思えますがTrek、Specialized、Colnago、Pinarello、Shimano、Sram、Prologo、Selle Italia、Selle San Marco、WTB、Cannondale、Rapha、Oval Concepts、Principe、Koga、Batavus などの大手業界企業向けの製品のデザインと作成を行っているスイス発祥の自転車パーツブランド。
そのERE Researchが出したのは40mmハイトのアルミリムホイールEXPLORATOR GCR 40。

Explorator GCR40
Introducing the New Explorator GCR40 wheelset Elevate Your Cycling Experience✅ Unbeatable stiffness for demanding riders...

今までリムハイトが高いアルミリムってほとんどなかったのですが、アルミリムでリムハイトが高くなれば当然重い。
たまに激安のルック車みたいなやつにアルミのディープリムがついていたりしますが、あれは単に見た目の良さを重視しただけで機能性としては当然低い。


60mmハイトのアルミリムだそうですが、だいぶ重いことは言うまでもない。

 

さて話が脱線しましたが、ERE RESEARCH EXPLORATOR GCR 40は名前の通り40mmハイト。
重量は激重…というわけでもないらしく、フロントが861g、リアが1023gの合計1884g。

 

…まあ、軽くはないですよね笑。

 

ロードバイクからグラベルロード用に開発されていて、リム内幅は21mm。
適合タイヤは23~40mmなのですが、このホイールって安いんです。
お値段は499ユーロなので現在の円換算だと78000円くらい。

 

カンパニョーロのシロッコDBが33mmハイト、リム内幅19c、1739gで108900円(税込)なのですが、見た目も安っぽい感じがなく「持たせなければ」カーボンリムだと言い張ってもバレなそうな雰囲気だし、お買い得なアルミディープリムとも言えます。

 

スポークはSapim Leader。
チューブレス対応です。

フロント重量 861g
リア重量 1023g
ペア重量 1884g
スポーク Sapim Leader
リム内幅 21mm
適合タイヤ クリンチャー、チューブレス

日常的な使用やトレーニング目的なら重宝しそうなホイールに思えますが、値段が手頃なわりには安っぽい感じではないところがポイントなのかも。

ホイールの値段

Explorator GCR40
Introducing the New Explorator GCR40 wheelset Elevate Your Cycling Experience✅ Unbeatable stiffness for demanding riders...

安くていいホイールって少ないですが、昨今の円相場の動きによりお買い得ホイールの王様とも言えたカンパニョーロのゾンダさんですら定価は121000円(ゾンダDB)です。
リムブレーキ時代のゾンダさんは海外通販で3万円台後半で買えたのが数年前ですが…

 

なので今回のようなお手頃ホイールって需要がありそうな気がするのですが、まだ日本では販売されていないという…

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました