久々にAZのロードレースSPを買ってみた【チェーンオイル】

前に何度も買ったことがあるAZのロードレースSP
チェーンオイルとしては潤滑性がよく、なおかつ安いのでそれなりに好きなオイルです。



前にも買ったばかりなのですが、ワケあって知人にあげてしまったので、買いました。

AZのロードレースSP

このオイルですが、過去に何度も使っています。
今現在、家にはRESPOのチタンスプレーが2本あって、いろいろと面倒なのでこのチタンオイルをチェーンにも使っていました。
チェーンオイルではないのですが、チェーンに使ってダメというワケでもないので・・・

RESPO(レスポ) 【日本正規品 /2年間保証】 TITAN SPRAY 100ml
RESPO(レスポ)
売り上げランキング: 73,376

このチタンスプレーを主に使う場所は、MAVICのフリーボディです。
マヴィックはフリーボディ専用オイルを出していますが、絶対にこっちのほうがいいです。
これの理由はこちらから

さて、チタンスプレーはチェーンオイルではないので、チェーンに使うにはちょっとネットリ度が高いです。
なのでちょっとだけペダリングが重くなる気がしていました。

過去にも何度も使い、潤滑性には定評があるAZのロードレースSPを再び買うことに。

垂らすタイプとスプレー式の二つがありますが、2017年8月15日現在ではスプレー式のほうが安いです。

チェーンに注油するときのコツとして、チェーンのコマだけを狙って注油するのがいいです。
プレートにオイルが付いていても汚れる原因になるだけなので、チェーンの可動部にオイルがあればそれでOK。

なんですが、スプレー式でコマだけ狙うのは困難です。
スプレーを一押しすると、ドバっと出てしまうため、無駄にオイルをつけすぎる結果になりかねません。

なのでスプレー式を使う場合、こういうものに差し替えると便利です。

まあ、醤油差しだろうとなんでもいいのですが。

ロードレースSPの使用感

このオイルは過去に何度も使っていますが、私なりに感じることは以下の通りです。
・チェーンの潤滑性がよく、ペダリングが軽い

・ちょっと汚れやすいかも

・オイル自体の持ちはよく、300キロくらいは行ける気がする

チェーンオイルには汚れにくいドライタイプと、潤滑性がいいウェットタイプがあります。
これは相反する機能であり、汚れにくく潤滑性がいいというオイルには出会ったことがありません。

もちろんメーカーが【汚れにくく、極上の潤滑性が長持ちする】みたいに謳っていたりするオイルもありますが、汚れにくいと言われるオイルは、やはり潤滑性は悪いです。
潤滑性重視のオイルの場合は、汚れやすいものが多い気がします。

私は過去に、汚れにくさ重視でフィニッシュラインのワックスタイプを使っていたことがありますが、確かに汚れにくいです。
ですが、ペダリングはちょっと重くなります。

私はペダリングの軽さを重視したいので、今回はAZのロードレースSPにしました。

ちなみにほかにもいくつか迷ったオイルがありまして、例えばSACRAのブラックオイル。

Black Oil

Black Oil

posted with amazlet at 17.08.15
SACRA-cycling
売り上げランキング: 44,589

これも潤滑性はかなり良さそうだという話を聞くのですが、やたらと飛び散るという話と、ホイール論争のときの個人情報の扱いなどを見ているとちょっと躊躇ってしまいまして・・・

うちには様々なオイルが残っています。
ワコーズのメンテルーブ、RESPOのチタンスプレー、フィニッシュラインのセラミックワックスルーブ、AZのロードレースSP・・・
メンテルーブはディレーラーやプーリーなど多目的に使っています。

ワコーズ(WAKOS) MTL多目的防性・潤滑スプレー A334 [HTRC2.1]
ワコーズ
売り上げランキング: 943

RESPOのチタンスプレーは主にMAVICのフリーボディに。
ちなみにMAVIC以外のフリーボディには使わないほうがいいです。
オイル指定のフリーボディならいいですが、ほとんどのメーカーのフリーボディはグリス指定ですので。

セラミックワックスルーブは、もう4年くらい使っていません。
先日見たらちょっとやばそうな分離と色を出していましたので、これは破棄するつもりです。

チェーンオイルは、何を選ぶかでペダリングの軽さが変わります。
いろんなものを使ってみて、好きなものを探すということが大切です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up