【2018年モデル】LOOK 765 OPTIMUM 105MIXは2017年モデルと何が違う??

2017年モデルにあった【LOOK 765】ですが、2018年モデルからは【LOOK 765 OPTIMUM】という名前に変わりました。
765は私も乗っていますが、比較的低価格のカーボンフレームながら、LOOKらしさがしっかりあって非常にいいフレームだと実感しています。




そんな765 105MIXの2017年モデルと2018年モデルの相違点を見ていきます。

2017年モデルと2018年モデルの違い

まずフレームについては全く同じで、変わったのは名前だけです。
フラッグスファイバーを混ぜ込んだカーボンフレームで、ジオメトリも同じ。

まずはスペックから見ていきましょう。

パーツスペックの違い

105MIX完成車についてです。
まず、LOOKは公式サイトではあまり詳しいパーツスペックを書いてくれないのですが、2018年モデルでは今までよりは詳細に書いてある気がします。

私が見た範囲では、パーツスペックはこんな感じです。

2017 2018
クランク シマノ

FC-RS500

シマノ

FC-RS510

FD 105 105(5801)
RD 105 105
スプロケ 105

11-32

105

11-32

ブレーキ シマノ

R451

シマノ

R561

ホイール シマノ

RS010

シマノ

RS010

タイヤ コンチネンタル ウルトラスポーツ25c
ステム FSA OS168 LOOK LS2
ハンドル FSA VERO LOOK LS2
シートポスト FSA ゴッサマー LOOK LS2カーボン
重量 8.62(サイズM) 8.44【サイズS)

フレーム重量は1100g、フォークは350gと変更なし。
ただし、2017年モデルではサイズMでの重量表記、2018年モデルではサイズSの重量表記となっているのが不思議なポイント。

クランクがRS500⇒RS510に変更されています。
これの違いはこちら。

シマノの新しいクランク、FC-RS510。105グレード?FC-RS500との違いは??

R9100デュラエースとR8000アルテグラのクランクは、従来のクランクよりもアウターとインナーのチェーンリングの隙間が広がったのですが、それに準拠した規格なのがRS510というだけです。
RS510には5800のFDが対応していないので、当然フロントディレーラーはFD-5801でしょう。

105のフロントディレーラーが地味にマイナーチェンジして、FD-5801に。

2017年モデルではステムやシートポストの表記がなかったはずですが、私の持っている765を見ると

ステム

ハンドル

シートポスト

廉価なFSAから、LOOKのものに変更されています。
シートポストは2017年モデルではアルミですが、2018年モデルではカーボン。

大きな違いはこれくらいでしょうか。
総重量ですが、2017年モデルではサイズM、2018年モデルではサイズSでの表記なので比較しづらいです。
まあ、シートポストの分、わずかに2018年モデルが軽いくらいだと思います。

ちなみに私の765はペダル込みでこんな感じです。

ペダル抜きなら7キロ台。

LOOK 765インプレ【平坦~緩斜面編】

フレームカラーの違い

LOOKというとモンドリアンカラー(プロチーム)が有名ですし、これを求めている人は多いと思います。

2018年モデルの765 OPTIMUMではモンドリアンカラーがなくなりました。

アルテグラ完成車と105完成車でカラーリングが違います。
LOOKらしさというとモンドリアンカラーですが、765の上位機種の【765 OPTIMUM RS】にはプロチームカラーがあるようです。

RSと非RSの違いは、カーボンのグレードだけです。
RSはフレーム990g、フォーク330gとなっています。
RSのほうが軽量で、なおかつ剛性が少し高いイメージです。

モンドリアンカラーの廃止は、勝手な予想ですが若干人気が落ちそうな・・・

まだ2017年モデルの在庫もあるよう

サイクリングエクスプレスを見ると、まだ765の在庫があるようですね。

国内定価 260,000円 ⇒ 209,999円(VIP価格)

Look【ルック】765 Pro Team 105 11 Mix Carbon Road Bike

フレーム カーボン
フォーク カーボン
STI 105
クランク FC-RS500 50-34
BB PF30
FD 105
RD 105
スプロケ 105

11-32T

ホイール シマノ WH-RS010
タイヤ コンチネンタル ウルトラスポーツ25c
ブレーキ シマノBR-R451
重量 8.62キロ

765ですが、初期装備で付いているホイールを変えてあげれば、かなり走りが良くなります。
私はマヴィックのキシリウムエリートを使っていますが、キシエリとの相性は最高です。

Mavic【マビック】Ksyrium Elite UST Clincher Tubeless Road Wheelset 2018

重量 F650g、R840g

ペア1490g

リムハイト F24mm、R26mm
リム幅 17c(ワイドリム)
スポーク数 F18,R20
スポーク素材 スチール
タイヤ Yksion Pro UST

25c(260g)

キシリウムエリートは今期、モデルチェンジしてチューブレスホイールになりましたが、チューブレス化して走りがさらに軽くなったと聞きました。
765との相性は抜群です。

私は購入時に、クランクをアルテグラに、ブレーキを105に変えていますが、クランクだけアルテグラは結構お勧めのポイントです。
フロント変速のキレがかなり良くなります。

FC-RS500(RS510)からのクランク交換はアルテグラがオススメ。

シマノ FC-R8000 50X34T 170mm 11S IFCR8000CX04
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 44,546




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up