【2018年モデル】KUOTA KIRAL。快適性を高めながらも剛性も確保したミドルグレードのカーボンフレーム。

イタリアの名門KUOTAの定番バイクですが、KIRAL(キラル)が2018年モデルでも継続です。
KRYONについてはフレームのモデルチェンジがありましたが、キラルについては特に変化がなく継続モデルのようです。

キラルはミドルグレードのカーボンフレームですが、なかなか興味深いモデルでして。



KUOTA KIRAL 105


《在庫あり》【春の早期購入キャンペーン開催中!】KUOTA(クォータ) 2018年モデル KIRAL (キラル) 105

KIRALでは105完成車、アルテグラ完成車、電動アルテグラ完成車、フレーム単体販売の4種類があります。
まずはKIRALの大きな特徴から。

このフレーム形状はなかなか独特だと思うのですが、大きくえぐれたような形状のトップチューブや角ばったダウンチューブが特徴的です。
この弓なり形状のトップチューブが、イタリアンブランドらしい美しさと機能性を兼ね備えている気がします。
このあたりで剛性をしっかり確保しているのですが、このバイクはチェーンステイ長(リアセンター)が結構長めなんですね。

リアセンター長を見ると、XSとSでは412mm、MとLでは415mmあります。
一般的なレーシングバイクだと406mmとかそのあたりが多く、410mmを超えてくるフレームはそこまで多くない気がします。

リアセンターというのは図のCの部分です。

ここが長いとどうなるかというと、長いほうが振動吸収性は増します。
なのでロングライドモデル(エンデュランスモデル)は長めに設計されることが多いのですが、加速性はチェーンステイ長が短いほうが良くなります。

このKIRALのフレームを見ると、リアの振動吸収性をチェーンステイ長で確保しながらも、ダウンチューブなどは太めにして剛性もしっかり確保し、乗り心地と加速性を両立しようとしているんですね。
このフレーム造形がなかなか興味深い。

KUOTAらしくカラーリングも豊富でカッコいい。
BB規格は剛性重視でBB386。
KUOTAはBB386がお好きな感じです。

フレーム重量1020g、フォーク重量は410gとミドルグレードにふさわしい軽量性を実現しています。

さて105完成車から見ていきましょう。

2018 KUOTA ROADBIKE KIRAL 105(クオータ ロードバイク キラル 105)完成車

スペックはこちらです。

フレーム カーボン1020g
フォーク カーボン410g
STI 105
クランク 105 50-34
BB BB386
FD 105
RD 105
スプロケ 105
ホイール Vision team25
カラー カモフレッシュホワイト

ホワイト×レッド

ブラックオンブラック

変にパーツをケチらず、フル105装備です。
ホイールはVision team25をアッセンブル。

Vision team25はカタログ値で1820gなので決して軽量ではありませんが、よくあるシマノRS010よりはよく走ります。

ミドルグレードらしい佇まいで、ちょっと高級感があるのはKUOTAらしさと言えるのではないでしょうか?

モデル的にはロングライドが向きますが、レースでも十分行けそうな剛性感があります。

KUOTA KIRAL アルテグラ


【春の早期購入キャンペーン開催中!】KUOTA(クォータ) 2018年モデル KIRAL (キラル) ULTEGRA

こちらはアルテグラ完成車です。
基本的はパーツ構成は105モデルと同じで、コンポの違いだけです。

フレーム カーボン1020g
フォーク カーボン410g
STI アルテグラ
クランク アルテ 50-34
BB BB386
FD アルテグラ
RD アルテグラ
スプロケ アルテグラ
ホイール Vision team25
カラー カモフレッシュホワイト

ホワイト×レッド

ブラックオンブラック

カラーリングも105完成車と同じです。
個人的にはこのブラックオンブラックが一押し!

電動アルテグラ完成車もあります。

【春の早期購入キャンペーン開催中!】KUOTA(クォータ) 2018年モデル KIRAL (キラル) ULTEGRA Di2

こちらもカラーリングは共通です。
ホイールなども105完成車、アルテグラ完成車と同じです。
コンポが違うだけ。

KUOTA KIRAL フレームセット

ミドルグレードの特権ですが、KIRALにはフレーム単体売りもあります。

KUOTA(クォータ) 2018年モデル KIRAL (キラル) フレームセット

もちろん上の完成車のフレームと何ら変わりません。
専用シートポスト、専用ヘッドパーツなどが付属します。

フレーム売りがあるのはうれしいところですね。
アルミフレームからのステップアップで、KIRALのフレームを買ってきて組み替えるのも面白い。

このKIRALはKUOTAの中ではもはや定番モデルとなりつつありますが、イタリアンブランドらしい美しいデザイン性、走りをとことん追求した機能性などミドルグレードの中では優れているのがキラルの特徴です。
2017年モデルから継続モデルとなりますが、加速性と振動吸収性を両立したミドルグレードが欲しい人にはたまらない一台と言えそうです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする