フミ、2020年シーズンからデルコ・マルセイユプロヴァンスへ移籍!ということは、乗るのはLOOK?

世界で戦う別府選手が、トレック・セガフードからの退団と、デルコ・マルセイユプロヴァンスへの移籍を発表しました。

フミというとトレックに乗るイメージがもはや定着しているわけですが、デルコ・マルセイユプロヴァンスに移籍ということは、LOOKに乗るわけです。

デルコ・マルセイユプロヴァンス

デルコ・マルセイユプロヴァンスは、チーム名にマルセイユと入っている通り、フランスのチームです。
2018年はKTMのロードバイクに乗っていたようですが、2019年からはLOOKになっています。

ホワイトカラーのLOOK、やっぱかっこいいわー。
ホワイトは汚れが目立つわけで、汚れると無残な見た目になってしまいますが。
2020年もデルコ・マルセイユプロヴァンスはLOOKで行くようですので、2020年のフミはLOOK乗りということですね。
プロチームに提供しているバイクを見ると、プロチームホワイトがメインのようです。

別府選手は長い間トレックだったので、フミ=マドンというイメージが定着していたような印象ですが、また違ったフミを見ることが出来そうですね。

LOOKのホワイトカラー

2020年モデルのLOOKですが、プロチームホワイトのカラーが設定されている車種は結構多いです。
挙げていくと、

車種名 フレームセット・完成車 ブレーキ 定価(税別)
795 BLADE RS DISC フレームセット ディスク 41万
795 BLADE RS フレームセット リム 41万
785 Huez RS DISC フレームセット ディスク 38万
785 Huez RS フレームセット リム 38万
785 Huez DISC アルテ完成車 ディスク 499,800
785 Huez アルテ完成車 リム 44万
765 Optimum アルテ完成車 リム 399,800

フレームセット販売しかない、795や785RSについては、プロチームホワイトがあります。
完成車販売だと、アルテ完成車にはプロチームホワイトがあっても、105完成車にはありません。
785HUEZ(非RS)も765も105完成車がありますが、

こちらは785HUEZの105完成車の、メタリックブルー。
ホワイトもカッコイイのですが、個人的にはむしろメタリックブルーのほうが気になる・・・
こちらは795BLADE RSのメタリックブルー。

メタリックブルーがあるのは、795BLADE RSと785HUEZ(非RS)の105完成車のみ。

LOOKの中ではプロチームホワイトが人気が高いわけですが、上位モデルのみ採用になってます。

フミがLOOKに乗ることで、LOOK人気が加速する可能性もありますが、LOOKはアルミフレームがありませんので、初心者が買いやすい10万円台のものがありません。
ただ、2020年モデルのプロチームホワイト、上位モデルはいいのですが、765はちょっとおとなしいと言うか、シンプルすぎると言うか。

795はトップチューブにもモンドリアンカラーが入ってますが、765はだいぶシンプルというか・・・

ホワイトはがさつな人には向きません。
汚れが非常に目立ちます。
ガサツな私は、もちろんブラックなのです。