独自の佐渡ロングライド開催予定のショップ、中止すると告知がありました。

先日書いた、佐渡ロングライド中止の件と、イベントが中止でもショップで人を集めて佐渡に乗り込んでロングライドするとブログで書いていた話。

佐渡ロングライド中止へ。そんな中、ショップ独自で佐渡ロングライドを開催しようとしているところがありまして。

この記事、あえてどこのショップなのかは書いていないのですが、正直なところで言いますと、ネットで検索するとすぐに見つかります。
それもあって、数名の方から、具体的なショップ名も入った内容のメールを頂いてました。

そのショップでは、該当の記事は削除されています。
しかしその後、独自の佐渡ロングライドは中止すると告知されています。

その前に、佐渡ロングライド主催者のメッセージから

佐渡ロングライド主催者から、メッセージが出ています。

これまで開催に向けて準備や安全対策を進めてまいりましたが、残念ながら新型コロナウイルスの感染はむしろ拡大し、多くの参加者をはじめ、ボランティア、また沿道で応援される皆さまの健康と安全を最優先に考え、やむを得ず中止せざるを得ないとの判断に至りました。

また、佐渡市では緊急事態宣言を受け、不要・不急の来島の自粛要請をしておりますので、当面の間、来島してのサイクリング等は控えていただきますよう、お願いいたします。新型コロナウイルスが沈静化し、安心して佐渡ロングライドを楽しめるときまで、ご理解いただけますようお願いいたします。

http://www.sado-longride.com/announce.html

当面の間、来島するのは控えて欲しいとあります。

佐渡ロングライドは5月17日開催予定でしたが、公式HPでは【4月15日を目処にどうするか知らせる】みたいに書いてありました。
まあ、ほとんどの参加予定者は、絶対に中止でしょ、と思っていたようですし、中止になる前に既に参加を取りやめた人もいるようです。

今回の状況は、仕方ないです。
一部返金になるそうですが、聞くところによると返金を希望しない、そのまま寄付でいいと思っている方もいるようです。

あえてショップ名を記さなかった理由

そのショップのブログで言うと、【中止になっても、独自で佐渡ロングライドを開催する】とブログ告知していたのが3月23日。
まだ緊急事態宣言が発令される前でしたし、危機感ないなと思ってみてました。

で、今回のことについては、佐渡ロングライドの主催者もアナウンスしているように、しばらくの間は来島を避けて欲しいということです。
離島ですので、もし独自佐渡ロングライド参加者の中に、無症状感染者がいて、ウイルス撒き散らしてきたら話になりません。

俳優の石田純一さんが、沖縄に行った翌日に体調を崩して、感染していることが判明したそうです。
元気な人でも、明日どうなのかなんて分かりませんし。

元阪神タイガースの片岡さんも、コロナ感染を発表してます。

で、ショップ名をあえて書かなかった理由。
コロナの件ではありませんが、過去に当サイトで、サイクリングロードで暴走する集団がいると取り上げたことがあります。
その動画は既に削除されていますが、時速40キロくらいの速度で、歩行者がいても減速もせずに、サイクリングロードのそこそこ狭いところを暴走している集団だったのですが、あろうことかショップ主催の走行会だったんですね。

どこのショップなのか分かる形で記事化したのですが、記事に出して数時間後には動画ごと削除されてました。

で、そのショップが、サイクリングロードでの暴走行為をやめたのかというと、そうではないようでして。
実際に見たわけではありませんが、数名の方から、【相変わらずやってますよ】と報告も受けてます。
単にネットにアップするのをやめただけで、実態は変わらない。

ほかにもあるショップが主催している走行会で、サイクリングロードを3人並走とかしているのがあって、こちらについてはショップのほうに直接ご意見したことがあります。
このときは改善すると約束してましたが、実際に見た人の話だと、何も変わってないそうです。

地下に潜っただけと言いましょうか。
ホントこういうのどうかと思ってまして、何か問題が起こっても、人の噂も75日。
意見は無視してそのうちみんな忘れるよという精神なんでしょうかね。
本当に改善する気があれば、自社ブログなどで告知するモンですけどね。

今回の独自で行う佐渡ロングライドの件も、該当記事を消して逃げるだけになるのではないかと予想してましたので、あえてショップが特定されない形にして、【そういうのはいけないこと】みたいな雰囲気を作ったほうがいいと思った次第です。
記事だけ消して、実際には独自イベントを強行しました!では、話にならないので。
佐渡側が来島を望んでいない以上は、行くべきではないです。

ただ、やたらとそのショップの反応が早かったと言うか、当サイトで記事を上げて、翌日朝11時くらいには該当記事が削除されていました。
これにより、イベントを強行する気なのか、取りやめにするのか全く分からなくなってしまいました。
しかし同日、ショップ独自主催の佐渡ロングライドを中止するとブログにありましたので、とりあえず一安心です。
スクショなども削除します(というか、サイト上には一切上げていませんが)。

老舗ショップらしいですが、ショップを叩きたいわけではなくて、行動さえ止めてもらえばそれで十分でしょうから。

ちょっと前に、ニューヨーク在住の日本人が、現地では発熱があっても医療機関が取り合ってくれないということで、日本に帰国した話がありました。
発熱している状態で帰国し、その様子をツイッターなどでアップし、インスタライブを行い、飛行機内ではマスクもしていなかったこともあり、バイオテロだと騒然となった事件がありました。

一歩間違うと、自転車乗りもバイオテロだと騒がれかねません。
ショップが独自イベント中止にしたことは、全サイクリストにとっていいことだったのではないでしょうか?
独自での佐渡ロングライドを計画すること自体にはかなり疑問はありましたが、きちんと中止を告知して謝罪していますし、これはこれでいい行動だと思いました。
どこぞのショップなんて、違法行為を指摘しても変えずにそのまんまですし、何も対応しないクソショップに比べて数百倍好感が持てます。

間違っても佐渡ライドを強行し、佐渡で初の感染者を出したら、サイクリスト全体が叩かれる恐れもありました。
1ショップだけの問題では済まされなかったかもしれません。

考え方次第ですが

これについては書くかどうか迷ったのですが。

緊急事態宣言は5月6日までになってますが、5月7日になったら全てが解禁されるわけでもありません。
下手すると年単位、とも言われてます。

まさか7日になった瞬間に、ウェーイ!と叫んでいる奴がいるとは思えませんが、完全に外走行を自粛している人も、年単位で外を走らない可能性も出かねません。

やっぱ、それではストレスも溜まるでしょうし、いざ外を走ろうと思ったときには、感覚的に危険になっている可能性もありますし・・・
自粛の後の変な開放感のほうが、むしろ怖いのかもしれません。
なので、完全自粛は素晴らしいことなんですが、2週に一度でも月に一度でもいいので、それこそ10キロでも20キロ程度とかでも、外を少し走っておいたほうがいいような気がします。
もちろん一人でですが。
事故リスクを最大限減らすように、ということも当然大切です。

ロードバイクブームの終焉で、ショップが続々と閉鎖されている現実はありますが、

やはり、ロードバイクのショップの閉店が相次いでいるのかと。

今後はもっと増えるでしょう。
ホント嫌な世の中ですが、これも仕方ないんですよね。

今回の件ですが、サイクリストが行動を間違うと、来年以降も開催不可能なほど深刻なダメージを与える可能性もありました。
今年はしょうがないです。
来年、開催できるように出来るかは、一人一人の行動次第なのかもしれません。