キャノンデールの新作E-BIKE、Synapse Neo2。

キャノンデールが新作のE-BIKEとして、シナプスNeo2を出してきました。
今は各社とも、E-BIKEに力を入れているようですね。

キャノンデール Synapse Neo 2

キャノンデールは、E-BIKEには【NEO】と付けているようですね。
フラットバーのクロスバイクのほうは、Quick Neoとなってます。
これがそのクイックネオ。

シナプスネオ2ですが、500Whの大容量バッテリーを搭載し、最大166キロの距離をアシスト走行可能となっています。
バッテリーはBosch PowerTube 500Wh。
バッテリー重量は2.8キロなので、容量からすると結構軽いです。(←自転車乗りはバッテリー重量が軽いか重いか、まだ基準が分かりづらいと思うw)
コンポはティアグラ油圧ディスク。

シナプスシリーズはエンデュランスロードなのですが、このシナプスネオについてはグラベル走行も視野に入っているようで、付いてくるタイヤは32c。
アルミフレームにカーボンフォークというスペックで、お値段は税別39万円です。

クロスバイクのクイックネオもお値段は税別29万円。
やはりE-BIKEは、高いです。

日本でそんなに売れているのか?

海外、ヨーロッパとかでは、E-BIKE人気が高くなってかなり売れていると聞くのですが、日本では実際のところどうなんでしょうか?

日本だと、ヤマハのYPJが電動アシストロードバイクの走りだと思いますが、


これも結構売れたと聞くのですが、正直なところ全くに近いレベルで見かけません。

最近はフレームのダウンチューブにバッテリーを隠すのが流行りですかね。
お陰で、やたら極太、肉厚で頑丈なフレームに見えます。

E-BIKEですが、たぶん気をつけておいたほうがいいのは、いずれバッテリーは寿命を迎えて交換する日が来るということ。
これだけは避けられません。

シナプスネオ2に搭載されているBosch PowerTube 500Whが、定価いくらなのかちょっとわかりませんが、ある通販サイトで確認する限りでは、定価だと8万円オーバーでしょうか。
E-BIKEの最新のバッテリーって、どんだけの期間持つのでしょうかね?
私が通勤用にしている電動アシストのママチャリのバッテリー、定価だと4万弱するんですが、だいぶヘタってます。

どうしてもロード乗りの性といいますか、E-BIKEで39万というと、ボーラとか全然買えちゃうなとか、ビアンキのオルトレXR3買えちゃうなとか、余計なことを考えてしまいます。
どれだけ日本で需要があるかわかりませんが、性格が悪い私としては、E-BIKE限定のヒルクライム大会を妄想してニヤッとしています。
いったい何が勝敗を分けるのだろう???