マイナンバーカードでサクっと10万申請した話。

コロナにより、一律で10万円もらえる話。
私が住む自治体でも開始されたので、サクッとネット上でマイナンバーカードを使い申請しました。

マイナンバーカード、個人的にはいいと思うんですが。

特別定額給付金

特別定額給付金のネット申請は、こちらから可能です。

https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/index.html

ドメインがsoumu.go.jp 、つまり総務省になっていることを確認の上、進んでください。
なお、マイナンバーカードを持ってない人はネット申請は不可能で、郵送申請しか出来ません。

私はカードリーダーを持っているので、PCとつないで、5分程度で手続きは完了です。
途中、振込してもらう銀行口座がわかる画像の提出を求められますので、予め用意しておいたほうがいいかもしれません。
私は画像を取ってPCに取り込んで・・・という作業があったので5分掛かりましたが、スマホでやればもっと早かったかも。

私が住む自治体は、ネット申請者には5月末には振り込み予定だそうで。

マイナンバーカード

私がなぜマイナンバーカードやカードリーダーを持っているのかというと、来年の確定申告から、個人事業主はe-taxで確定申告しないと、控除額が減らされるからです。
個人事業主は、いくつか条件を満たすと青色申告特別控除の65万があるのですが、次からはe-taxの人だけが65万、郵送とか税務署に持参だと55万になってしまいます。

e-taxも、税務署に行って本人確認すればIDとパスワード発行というシステムもありますが、いづれこの制度も廃止されるという話があって、せっかくなのでマイナンバーカードを作りました。
カードリーダーも2000円くらいで買えるし。

マイナンバーカードを作るには、マイナンバー通知カードの【枠】にあるIDが必要です。
カードをベリッと剥がす前の枠にIDが書いてあって、それさえあればネット上でマイナンバーカードの申請が出来ます。

この枠を持ってない人は、区役所か市役所に行って、まずID発行してもらう必要があります。
その後、カードが出来るまで1ヵ月くらいかかるので、出来上がったらまた役所に取りに行かないといけませんが(郵送では受け取れない)。

で、このマイナンバーカード、私自身はさほど評価していませんでした。
ただ、こういうコロナ事情では、ネット上で申請できるという強みがあるので、いいカードだと思うんです。

というのも、このコロナ10万円、役所の人の手間を考えたら、かなりの量ですよね。
全世帯から郵送で送られてきた日には、イチイチ開封して、内容をチェックして、それをPCに打ち込んで・・・とんでもない量の作業が役所の負担になるのは目に見えてます。
その上、送られてきた紙媒体にも、コロナウイルスが存在する危険性もゼロとはいえない。
段ボール上では最長24時間、ウイルスが生存するとしてますが、役所の人だって無駄に気を遣って作業しないといけないわけで。

それがオンライン申請だと、紙じゃないから余計な感染リスクとか全くないし、既にPC上でデータ化されているものをチェックするだけなので、手間がまるで違う。

いまだに【マイナンバーカードは税金の無駄使いだから廃止しろ】という人もいます。
思うんですが、既に数千億とか掛けて、マイナンバーカードで電子申請できる仕組みを国は用意しているんだから、今廃止したら本当の無駄使いで終わる。
上手く活用すれば、有効な手段になりうる。

確定申告もそう。
税務署って、膨大な確定申告に対応するために、その時期だけパートのオバチャンとか雇って窓口対応している。
けど多くの人が電子申告になれば、まず書類整理の手間が大幅に削減されるし、紙資源の無駄使いも減る。
まあ、電子申告しても、控除証明書だけは郵送で送れ!というのもどうなのかと思ったりするのですが・・・
でも余計な臨時職員とかの人員を減らせる可能性もあるわけで。

まあ、マイナンバーカードを持って市役所に申請に行くようなアホもいるらしいので、さすがに救えないわと嘆くしかないですけどね・・・

イマイチよく分からないのですが、公務員だというだけで敵視する人もいます。
正直、役所の人間って残念な人材もいますが、有能な人もいる。
コロナ状況下で、公務員であっても疲弊しているわけですし、マイナンバーカードでのオンライン申請というのは、お互いにいい制度だと思うんですけどね。
郵送だと、発送、返送で郵便代も掛かっているし。

ただし、今から役所に行ってマイナンバーカードを作るというのは、あまりオススメしません。
役所もさすがにキャパ超えているかもしれないし、無駄に【密】の中に飛び込んでいく理由もない。

まあぶっちゃけた話、サラリーマンだとマイナンバーカードを持っていてもさほど意味はないかもしれません。
というよりも、まずID発行のために区役所に行って、カードが完成したらまた区役所に行って・・・と二度行かないといけないわけで、最近は土曜日に役所が開いていることもありますが、貴重な休みを削ってでもいく必要があるのかというと、サラリーマンにはあまり恩恵がない。
マイナンバーカードってパスワードを何回か間違えると強制的にロックされてしまうのですが、役所にはパスワードが分からなくなったということで人が殺到しているそうで。
役所に行かないとロック解除できませんし。

こういうのは本末転倒としか思いませんねw
そういう人は、おとなしく郵送で申請してください。

持っているのに【マイナンバーカードは廃止せよ!】と言っている人って、要は使いこなせてないだけなんじゃないかと。
業務の効率化を図って作られていて、このコロナ10万円についても、マイナンバーカードがあれば自宅で5分で完結する。
役所の人も、データ化されているものをチェックするだけなので効率的。

自分が使いこなせないだけなのに、役所のせいにして窓口で吠えてみたり、さすがにそういう大人にはなりたくないもんですね。
確かにわかりづらい点はゼロだとは思いませんが、このネット社会、調べてみれば方法なんてすぐわかるんですけどね。
今から廃止したら、今までマイナンバーカードに掛けてきた予算は全て無駄になるけど、既に使ってしまった予算、上手く国民が活用すればいいだけなんですよね。

ロードバイクでも同じですね。
使いこなせもしないのに、ビンディングペダルとシューズを貰ってもしょうがない。
でもこの10万円の件、役所の人は大変でしょうね。

マイナンバーカードによって、個人情報が国に筒抜けになるとかいろいろ言われてますが、ずっと昔から、税務署・国税庁は、全ての金融機関に対して、口座情報を開示させる権限を持っています。
ずいぶん昔から、誰がいくら持っていて、誰とどんな取引しているかなんて筒抜けなんで、なにをいまさら・・・という感じすらします。