リコール情報を見るのが好き←悪趣味。

すごくどうでもいい話ですが、消費者庁や経済産業省などから、自転車のリコール情報が公表されます。
リコールがあればメーカーサイトからも発信されますが、リコール情報を見ていると、表には出てこない数字を見れるので、実は定期的に見ています。

まあ、悪趣味の部類でしょうけど。

https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/norimono_1.html

リコール情報を見る理由

当サイトでは時々、リコール情報を記事にしてますが、

ビアンキの2020年モデルのヴィアニローネ(ソラ、105完成車)とクロスバイクのROMAシリーズに、メーカーおよび経済産業省からリコール情報...
スペシャライズドより、リコールのお知らせが出ています。 昨年、アレーのフロントフォークでリコールを出したスペシャライズドですが、今回はRo...

大手自転車サイトだと、あんまりこういうのって取り上げないのかなと。
ニローネのときも、ニローネ乗りだという方から、当サイトを見て初めて知ったという声もあったので、まあ、一定の成果はアルのかなと思ってます。

で、私が見たい情報はリコールの内容もそうなんですが、どちらかというと販売台数のほう。

ビアンキのニローネですが、2020年モデルが1238台リコール対象となってます。
1月にリコール発表で、10月から販売しているものが対象なので、結構売れているんだなと・・・

もちろん、店頭在庫に残っていてまだ売れてないものも含まれますが、比較的買いやすいアルミモデルでビアンキだと、やっぱ売れているんだなぁとわかるので。

BMCもリコールが出てますが、

https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/file/191118-1.html

1年と5ヶ月で99台、これをどう見るのか?
Teammachine SLR01 Discはフレームセットで54万(税別)、完成車で91万(税別)なのでそんなに売れるものではない。
BMC、カッコいいんですけど、販売店が絶望的に少ないので、1年5ヶ月で99台ということは、やはり根強いファンがいるのかなと・・・


前にBMC欲しいという初心者の方から相談受けたことがあるのですが、販売店が一番近いところでも車で2時間以上とかそんな話で、日々のメンテナンスでは困るかも・・・みたいな相談だったような。
慣れている人ならある程度自分で出来るからいいでしょうけど、初心者さんの一台目では、気軽に相談しに行きづらいという点ではちょっと不利。
困ったときに、他店購入車でも見てくれるショップがあれば、そこに持ち込めばいいんですけど、どうしても買ったところで見て欲しい人もいるでしょうから、もうちょっと取扱店が増えてくれると嬉しい気がします。

メーカーも慎重になる時代

定番クロスバイクのジャイアント エスケープR3が、2019年モデルではクイックリリースのほかナット止めもオマケで付いてくる仕様でした。
一応、購入時にお客さんの希望するほうに変えるというのが建前でしたが、2020年モデルからは、クイックリリース廃止でナット止めだけになってます。

先日書いた記事にご指摘頂いたのですが、 エスケープR3とエスケープRドロップは、スキュワーナットのみでクイックリリースはついてこない こ...

こういうのも、まともにクイックを使えないライトユーザー層が、クイックをとんでもない角度で固定していたり、クイックが開放されていることに気が付かずに乗ったりするから、みたいな話があります。
こういうのも、メーカーの責任にされかねない時代ですから、余計なリスクを負うくらいなら、最初からナット止めだけにしたほうがメーカーもユーザーも安心。

前に信号待ちで前にいたクロスバイク、クイックがこんな位置でしたから・・・

一応、この位置でも固定自体は出来なくはないですが、何かに当たったら、一瞬で解除されかねないし。

2020年モデルで登場したドロップクロス、エスケープR DROPもナット止めだけです。
これ、最初見たときに、ライトユーザー層にかなり売れるのでは?と思いましたが、どうなんですかね?
実物を見たことがいまだにない。

電子レンジに【動物を乾かしてはいけません】とか書かないと、わかんないアホもいますし、メーカーも大変ですね。

リコール関係を見ていると、やはり多いのはフロントフォーク。
フロントフォークが走行中に壊れたら、マジで怖い。

これはフォークのアルミコラムがレース中に折れた事例ですが、

コラム周りはトルク管理と、適切なコラムカットが必須。
こんな状態でずっと乗っている人とか、理論上は脆弱ですから。。。

衝撃的なニュースが入ってきました。 プロレースのTour du Doubsにて、ゴール前のスプリント時にフォークのコラムが折れ...

電動アシスト自転車の場合は、バッテリーのリコールも想定されます。
https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/file/200421-1.html

発火の可能性はさすがに怖い。
でも、走行中にコラムが折れるのも怖いし、結局は普段から横着せずにメンテナンスして異変を早く察知できるかどうかなんでしょうかね。

まあ、コラムが製造不良で脆弱だったら、いくらメンテしていても気づけない可能性は高いんですが。

あとリコール対象ではないものの、クリンチャータイヤを嵌めて加圧すると、なぜかタイヤが脱げるという話を聞いたことがあります。
リムからビートが外れるそうで・・・
メーカーに送ったら、無償交換だったそうですが。