道路交通法はケースバイケースで守らないほうが安全という意見。

当サイトではいろいろ交通ルールなども取り上げていますが、何かしら事故があったときに、道路交通法は守らないほうが安全だという意見が出てきます。

もちろん、左寄り通行とか、信号を守るとか、そういう基本的なところは絶対遵守で、逆走もOKとか信号はケースバイケースで無視すべきとかそういうレベルの話ではありません。

例えばなんですが

<ケース1>
左車線が【左折専用レーン】で、ロードバイクが直進したいという条件のとき。
信号が赤だけど、信号機に【←】マークが出る交差点だと、この位置で信号待ちしているほうが安全だという人がいます。

これについては、実際のところ、その気持ちはわかります。
わからんでもないですが、そこは通行区分違反になってしまいます。

<ケース2>
T字路で右折したいとき。

こういう交差点で、右折したい場合。
法律上は、この位置で二段階右折待ちです。

横断歩道があればまだいいですが、

横断歩道が無い状態だと、いつ右折方向に発進するかのタイミングが取りづらいことや、この二段階右折待ちの停止位置が、道路形状次第では、ここで待つとメチャクチャ怖いこともあります。
大型車がバンバン通る道路で狭いと、マジで怖いです。

なので、違反なのを承知で、右折レーンに入ったほうが安全なんだ!という主張の人もいます。

<ケース3>
これは意図せずに違反になってしまう事例なので、悪気は無い話です。
前に読者様から質問受けたケース。

国道308号線の東大阪JCT付近の走り方について質問を頂きました。 文章では説明しづらいのでGoogleストリートビューにて大阪府東大阪市...

かなり交通量が多い道路らしいですが、普通に道なりに直進していると、左から合流車線が二つも出てくる。
しかも合流車線も交通量が多いため、知らぬ間に通行区分違反になってしまうという、ロード殺しの構造の話です。

これは意図的に違反しているわけではないので、道路構造を知らずに走っていると、ホンキで怖い目に遭うという事例です。

<ケース4>
こういう構造の道路があります。

これがT字路なのか、十字路なのか難しく、対面の道路は一方通行で、しかも微妙にズレている。
こういう道路で右折したい場合、こっちが正解なのか、

こっちが正解なのか。

二段階右折せずにシングルターンだとアウトなのはわかるでしょうけど。

T字路での二段階右折について質問いただきました。 以前、相談した〇×です。お世話になりました。今回も二段階右折についつお聞きします。 ...

一瞬迷うような道路構造なので、予期せぬ違反を犯してしまうケースなんでしょうけど。

ケース1と2は違反を承知で法を破るケースで、3,4は知らぬ間に違反を犯してしまったみたいなニュアンスかもしれません。
主にケース1と2の話ですが、

いろんな人
いろんな人
安全性を高めるために、俺は道路交通法をあえて守らない

こういう主張の人もいます。

気持ちはわからんでもないですが

ルールが何で存在しているかというと、社会の秩序を安定させるために、線引きしている話です。
なので

いろんな人
いろんな人
安全性を高めるために、俺は道路交通法をあえて守らない

管理人
管理人
わざとなら、それはナシじゃね?

<ケース1>
先ほどの事例だと、あえてここで信号待ちするとか、直進する意思を明確にするためにここを走るわけですね。

法律に則って、【この交差点で直進は危険だから、とりあえず左折して考えよう】でもいいはず。

とりあえず左折して、横断歩道があれば安全に渡って、本来行きたかった直進方向に戻ることも可能。

<ケース2>
安全に右折するために、右折レーンに行くという人もいますが、

法律に則って、このT字路での二段階右折も危険だから、

右折するのは諦めて直進して、どこかで渡れそうな場所で渡って復帰してもいいはず。

法律に則ったほうがむしろ安全です。
右折レーンに行くにも、第二車線に行くにもリスクはありますから。

ほかに思い当たるケース・・・なんかあるかな・・・
法律破ったほうが安全という気持ちはわからなくもないんですが、それを言い出したら、非サイクリストからしたら気分は悪いんじゃないですかね。

いろんな人
いろんな人
おいおい、なんでチャリが右折レーンにいるんだよ!

なのでケースバイケースで法律は破ったほうが安全・・・というのは、破らなくても安全な方法はあるけど、面倒だから回避しているだけのことが多いのかなと・・・

さっきのこういうのは、

テロレベルの話なんで、こういう道路はそもそも【自転車通行禁止】とかに指定しないと、知らない人が走っていて大パニックです。
この道路も、交差点のところで自転車は強制的に左折させる(合流地点まで自転車進入禁止に指定)すれば回避できますが。
トラックがバンバン走っている中、いきなり4車線あるうちの真ん中に投入されかねない構造ですから。

そういうことで

道路交通法を守らないほうが安全・・・という意見はわからんでもないところ。
しかし、法律を守った上で安全にする方法もあるので、やっぱ理屈としては無理があるかなと・・・

こういうのっていろいろ難しい面もあるというか、例えばこういう道路。

こう行くのは危険なんで、知らぬ間に通行区分違反になってしまうのは、道路構造を知らないならしょうがないかと。
こういう道路も、

一瞬判断間違えると、こっちに行ってしまいがちですが、

正解はこっち。

最初から法律を破るつもりではなく、一瞬の判断でやってしまったなら、次は気をつけるしかない。

そのほか、こちらの自転車道。

ここ、道交法上の自転車道になっているので、車道をロードバイクで走るだけで違反になるという恐ろしい構造です。
ていうか、ほとんどの人は知らずに車道を走ってしまうとしか思えませんし、私も読者様から指摘されるまで知りませんでした。
当然、普通にここは車道を走ってました。

車道と自転車道の通行について、質問をいただきました。 先日車道をロードで走っていたところ、交差点にいらした警察官に注意を受けました。 曰...

こういうのは知らないと間違うわけですが、ある意味ではしょうがないです。
どうみても歩道の一部にしか見えないし。
知ったら、仕方なく自転車道を走るしかないですが、知ってからはこの道路自体走るのをやめました。

意図的に法を破るのはどうかと思いますが、自転車関係の法律って実は結構複雑なんで、自分で勉強するしかないですね。