デュラエースのポリマーコーティングワイヤーを使ってみて【インプレ】

ちょっと前にワイヤーを交換したときに、何を血迷ったのか、デュラエースのポリマーコーティングワイヤーにしました。
ぶっちゃけていうと、これだけは使うまいとすら思っていたのですが。

ポリマーコーティングワイヤーを避けていた理由

まあ一番の理由は、毛羽立ちですよね・・・
ポリマーコーティングワイヤーが出始めた頃から言われ続けてきた問題、

いろんな人
いろんな人
ポリマーコーティングワイヤーは、コーティングが剥がれて毛羽立ってきて、シフトが重くなったり安定しなくなる

アウター内で詰まって・・・という話すらありました。
当のシマノさんときたら、

いろんな人
いろんな人
毛羽立っても引きの軽さには影響しないんです!

などとどこかで言っていたらしいですが・・・

前に乗っていたビアンキは105でも5700系だったのでポリマーコーティングワイヤーが使えなかったわけですが、一度は使ってみてもいいかなと思っていたことと、臨時収入があったのでついでなのでデュラグレードのワイヤーへ。

ポリマーコーティングワイヤーの使用感

変速もブレーキもそうですが、引きは軽いです。
ただし、正直言えば感動するほどでもないw

まあ、こんなもんだろう、と予想していたレベルの引きなんで、予想通りだったというのが正解かもしれません。
このあたりの感覚って人それぞれなんでしょうけど、人によっては感動するレベルなのかもしれません。
私としては、確かに軽いと思うのですが、感動レベルかというとそうでもなく。

こういうのって、低グレードのものから変えればまだ違いが分かりやすいんでしょうけど、個人的に感じることとしては

管理人
管理人
想定内の軽さ

で、ポリマーコーティングワイヤーの最大の問題、毛羽立ってきて寿命がどうなのよ?というところです。
こればかりはもっと乗り込まないとわかりません。

正直なところ、日泉ケーブルも気になっていたのですが、とりあえずデュラで。

でもなんかおかしいですよね。
デュラエースのワイヤーは毛羽立ってハゲやすくて、ヅラエースになるわけですから。
しかも一度ハゲたら、もう生えてこない。

実際のところ、そこそこ乗り込まないと耐久性や初期性能の維持度はわかりませんが、確かに引き自体は軽いです。
人によっては感動するのかもしれません。