【2021モデル】TREK MADONE SLR。OCLV800カーボン使用で軽量化と強度アップを果たしたゴツイ一台。

トレックのMADONE SLRの2021モデルが発表されました。
注目ポイントは、既に発表されているEMONDA SLRと同様に、OCLV800カーボンに変更されて軽量化された点。

アメリカンブランドのTREKが、第三世代のEMONDAを発表しています。 トレックのエモンダというと、軽量性重視のクライミングバイクですが...

MADONE SLRの2021年モデルを見ていきましょう。

OCLV800

EMONDA SLRもそうなんですが、トレックの2021年モデルのフラッグシップモデルには、OCLV800カーボンが採用されています。
トレックいわく、開発に2年を費やしたカーボンだとか。

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/oclv-800/

こちらがOCLV800カーボン。
マドンSLRの2021年モデルはこちらですが、

https://www.trekbikes.com/

マドンは特にそうなんですが、ゴツイ!
つまりは使うカーボンの量も増える。

なのでより強度が高いカーボン素材であれば、その分薄く作れて軽量化も可能。
OCLV800は、OCLV700に比べて30%もの強度が向上しているそう。

2021 TREK MADONE SLR

まず、OCLV800カーボンの採用で、フレーム単体で80gの軽量化に成功。

チームカラーのマドンSLR完成車では、トータル450gの軽量化に成功。

パーツ軽量化
フレーム80g
新型アイオロスRSL37ホイール100g
新型アイオロスRSLハンドル(ステム一体)160g
チームカラーの塗装50g
スラムDUBクランク60g
450g

どうしても重くなりがちなエアロ&ディスクブレーキ仕様を、いかに軽量化するかというところですね。

で、新型マドンですが、注目ポイントはもう既に挙げたOCLV800なんですが。
それ以外に着目点があるとしたら、昨年モデルではサイズ50~だったのが、サイズ47が登場。
エアロフレームでサイズが小さくなると、スローピングがきつくなりそうな予感もありますが、どういうスケルトンになるのでしょう・・・

BBはトレック独自のネジ切り規格、T47。
この時代にあえてネジ切りに回帰というのは褒められる傾向なんですが、独自規格なのはまあしょうがない。
アイソスピードとかジオメトリとかそのあたりは特に大きな変更はありません。
あと、カーボンのグレードが上がったにもかかわらず、実質値下げです。
モデルによっては2020年と比べて7万円程度も値下げ。

車種名コンポホイール重量(56)値段(税別)
MADONE SLR9Dura-Ace Di2 R9170Aeolus XXX 67.80kg1,297,000
MADONE SLR7 E-TapSRAM Force eTap AXSAeolus Pro 58.32kg1,016,000
MADONE SLR7Ultegra Di2, R8070Aeolus Pro 58.08kg892,000
MADONE SLR6Ultegra R8020Aeolus Pro 58.26kg812,000

フラッグシップモデルなのでお値段も当然高いですが、一度は乗ってみたいですね。

ちなみに付いているホイールのスペックです。

Aeolus XXX 6Aeolus Pro 5
F重量730g780g
R重量845g940g
ペア重量1575g1720g
リムハイト60mm50mm
リム内幅21mm19.5mm
リム外幅27mm
スポーク数24・2424・24