パナのRACE A EVO4 TLCはいつ復活するのだろう?

パナレーサー待望のロードチューブレスレディタイヤが登場したのが2019年。
RACE A EVO4 TLCは25cで210gと世界最軽量とも言われたロードチューブレスレディタイヤでした。

しかし。
2019年にエア漏れ多発で販売中止になり・・・

パナレーサーの新作チューブレスタイヤ、RACE A EVO4 TLCがエア漏れ発生とのことで販売中止になっています。 どうも製造不良があっ...

あれから1年半以上経ちますが、なぜか復活しませんね。

パナレーサーとチューブレス

パナレーサーのタイヤラインアップを見ると、ロードタイヤはクリンチャーとチューブラーのみになってます。
グラベル用タイヤならチューブレスもあるので、チューブレスタイヤが苦手というわけでもないのでしょうけど。

グラベルキングプラスは32cで330gとなっているので、まあまあ軽い部類。

コンチネンタルのGP5000TLだと25cで295g(10780円)なので、結構重い。
パナのレースA TLCは25cで210gだったので軽量化の方向で攻め過ぎた・・・ということなんでしょうか?
製造過程のミスならそろそろ復活しても良さそうなんですが、1年以上復活しないところをみると、見直し&再設計している最中なのかもしれません。

コロナ禍でうまく進んでいない事情もあるかもしれませんが・・・

チューブレスが得意なメーカー

チューブレスが得意(?)なメーカーというと、やはりジャパニーズブランドのIRCなのかなというイメージがあります。
あとはシュワルベとか。

タイヤ重量値段(税込)
IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC25c 270g,28c 315g8,360円
IRC FORMULA PRO TUBELESS READY S-LIGHT25c 220g,28c 250g8,360円
シュワルベ プロワンチューブレスイージー25c 265g,28c 280g12,100円
コンチネンタル GP5000TL25c 295g,28c 315g10,780円

パナの25cで210gは異次元の軽量性だったとも言えますが、高圧で細いタイヤのロードバイクだと、チューブレスレディもなかなか作るのが大変なのかもしれません。
あまりにも軽量過ぎると耐パンク性もエア漏れリスクも高まるのかもしれませんが、これからに期待ですかね。