【左側端に寄って】と【できる限り左側端に寄って】の差。

道交法では、【道路の左側端に寄って】というほか、【できる限り道路の左側端に寄って】というのがあります。
これは両者で区別されるものですが、自転車についてはちょっと意味合いを間違いやすいように感じてまして。

左側端とできる限り左側端

(左側寄り通行等)
第十八条 車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
(左折又は右折)
第三十四条 車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。

この【できる限り左側端】の意味を考えていきます。

まず18条1項の車は左側、自転車は左側端に寄ってというところは、自転車の通行分を空けた上で車が左に寄ることとされます。

この目的は、仮想の通行帯のようにして、交通の安全と円滑な進行を促している。
速度が遅い自転車を左側端に固定しているわけです。

34条の左折前に【できる限り左側端に寄る】というのは、二輪車の左折巻き込みを防ぐもの。

※車が【できる限り左側端に寄った図】

まとめます。

条文意味
18条の左側端(自転車)自転車を左側端にすることで、追越しする車両は右から抜いていく
34条のできる限り左側端左折巻き込みを防ぐために、二輪車のすり抜けをブロックする

ここは異論ないですね。

ここからが問題。
自転車は左側端通行だけど、左折前には【できる限り左側端】となる。
つまり両者は違う位置のはず。

こういう形で、左折前に路肩まで入れという意味なのか?

いやいや、普段の左側端はもっと内側で、左折前だけさらに寄ればいい??

いやいや、こんな感じじゃね??と思う人も出てくるかも。

もはや左側端とは言えない位置にいるのは、一般的な感覚を持っている人なら理解できること。

念のため書いておきますが、ここは車道通行帯ではない複数車線道路をイメージしてます。
歩道アリ、路肩あり。
複数車線だから車両通行帯ではないので、そこがわかってない方は先にこちらを。

先日も書いた件です。 片側2車線道路で、左第1車線のど真ん中付近を走行しているので...

さて、どれが正解なのか?の前に、もう一度意味を考えます。

18条1項の左側端通行義務は、自転車を左側端にすることで、車などは右から追い越していくことを促すルール。
間違ってもこんな位置を通行していたら、

邪魔ですね。
確かツイッターの人も、ブロックするためにこんな位置を通行していると公言していたはずですが、法の趣旨に反する行動だと公言しているのと同じ。

追越しを右側から促すためのルールでもあるので、自転車が左から追い抜き出来る程度の幅が空いているなら、左側端まで寄っているとは言えないかと。

本来のルール。

左側端まで寄れていないので、左から容易に追い抜きされる状態。

34条1項のできる限り左側端に寄るのは、左折巻き込み防止のため。
二輪車が進入するのを防ぐわけです。

ちょっと話が変わりますが、歩道がなく路側帯がある道路の場合、自転車は路側帯も通行できますよね。
歩行者優先ですが。

ロードバイクで路側帯を通行する奴がいるとは思えないので、現実的には路側帯を除いた上で左側端というとこんなあたりでしょうか。

さて左折前の規定。

(左折又は右折)
第三十四条 車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。

自転車って法的には路側帯の通行が可能なわけですよ。
なので出来る限り左側端という場合、実は路側帯まで寄せる必要があります(路肩ではないでので注意)。

もちろん歩行者優先なので、歩行者をなぎ倒してまで入っちゃダメ。
こういうケースだと、自転車の場合でも【左側端に寄って】と【できる限り左側端に寄って】が異なる位置になるわけです。

このようにしなくてはいけない理由は、路側帯からも自転車が直進してくる可能性があるので、予め路側帯まで寄せてブロックしながら左折するという意味です。
そのほかだと、自転車通行帯があるケース。

自転車通行帯であれば、レーンの上であればどこを走ってもよい。
けど左折する前には、【できる限り左側端に寄せる】なのでこうせざるを得ない。

自転車で言うところの【できる限り左側端】が成立するのって、恐らく路側帯がある場合とか、自転車レーンがある場合になると思います。
それ以外の歩道と車道の区別がある道路だと、【左側端に寄せて】と【できる限り左側端に寄せて】は、実態として同じ位置とも言える。

歩道と車道の区別がある道路の場合なんですが、現実的な話として、【左側端】と【できる限り左側端】は一致する場所になることが多いのではないでしょうか?

路肩は走行には適さないので、そこまで寄せる義務はありません。
18条1項は左側端に寄せることで、右側からの追越しを促すルール。
34条1項は左折巻き込みを防ぐために、二輪車が進入する余地をなくすルール。

自転車の場合はどちらも同じ位置になる可能性がある道路、それなりに多いと思います。

左側端とできる限り左側端は違いますが、自転車の場合はどちらも一致する可能性はあります。
判例を一つ。

できる限りとは道路や交通の状況等をかんがみ支障のない範囲における可能な限度を意味すると解され、単に運転者の主観において可能な限度を持って足りると解すべきではない(s46・9・14名古屋簡裁)

意訳すると、

テメーの主観で語っているんじゃねーぞ!
トコトンやれ。
けど状況次第で柔軟に対応しろ。

こういうことですかね。

ちなみにですが自転車専用通行帯がある道路でも、車が左折するときは自転車レーンに進入して、できる限り左側端に寄る必要があります。

この画像、都内にあるところなんですが、自転車レーンと車の通行帯の間に路上駐車帯があるところ。
本来はここまで寄せないといけませんが、実態がどうなっているのかはわかりません。

(車両通行帯)
第二十条
2 車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない。
3 車両は、追越しをするとき、第二十五条第一項若しくは第二項、第三十四条第一項から第五項まで若しくは第三十五条の二の規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第三十五条第一項の規定に従い通行するとき、第二十六条の二第三項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第四十条第二項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前二項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

ちょっと面白い話を教えていただきました。 これ、本当にそうなの??という話だったのですが。 車両通行帯 この青い部...

なのでまとめると、

左側端とできる限り左側端は異なるが、自転車においては道路状況次第では同じ場所になり得る。

普通車の場合はほぼ確実に違う場所になりますが、大型車なんかだとそもそも同じになる可能性もありますし。
左側端とできる限り左側端は違う定義とは言え、実質的には同じになることもあり得る、ということ。

自転車は左側端以外は実質走れない

実質的に車両通行帯があるのは、交差点付近の指定通行区分がある場所か、専用通行帯(自転車・バスなど)がある場所に限定されます。

私も1年弱前までは、複数車線=車両通行帯だと思ってました。
この一年くらいでいろいろ調べた結果としてですが、そもそも車両通行帯なんてほとんどないんですよ。

車両通行帯だから第一通行帯の中ならどこでもOK理論なんですが、実質的に言うとほぼ成り立ちません。

警察に注意された人もいるようですが、なんで左側端と言われたのか、その意味を考え直したほうがいいですね。

車の強引な追い越し

車の強引な追い越しについて危険だから、ブロックするという人もいるわけですが、本来であればそれは車のドライバーの責任。
追越し時の側方距離は道交法では定められていません。

(追越しの方法)
第二十八条 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。
2 車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第二十五条第二項又は第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。
3 車両は、路面電車を追い越そうとするときは、当該車両が追いついた路面電車の左側を通行しなければならない。ただし、軌道が道路の左側端に寄つて設けられているときは、この限りでない。
4 前三項の場合においては、追越しをしようとする車両(次条において「後車」という。)は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

できる限り安全な速度と方法とあります。
判例が全てだと勘違いする人たちもいるので困ったもんだなと思うのですが、

ちょっと思ったのですが、最近って電動キックボードの実証実験のために臨時特例を設けたり、オリンピック専用レーンのために一時的に法改正(施行令)してますよね。

つまりやろうと思えば、期間限定の特例措置は作れる。

例えば半年限定とかで、追越し時の側方距離を決めて取り締まる、ということも出来なくはないんじゃないですかね。

例えばの例ですよ。

1、普通自転車の側方を通過して前方に出るときは(以下、追越し等と呼ぶ)、車両は下記の側方間隔を保って追越し等しなければならない。
2,普通自転車と追越し等車両の速度差が10キロ以上あるときは、側方間隔1.5m。
3,普通自転車と追越し等車両の速度差が10キロ未満のときは、側方間隔0.90m
4,普通自転車は車両通行帯がある道路の場合を除き、路肩を除いた車道の左端から1.5mの範囲をはみ出してはならない。ただし追越しするとき、道路状況その他の理由がある場合はこの限りではない。
5,期間限定の措置のため、どの車両も一度目の違反では警告カード、二回目の違反で罰則とする。

※数字はテキトーです。

どうやって側方間隔を計測するんだ?という問題もあるでしょうけど、例えば都内限定で実験してみて、追越し時の側方間隔の変化があるか、自転車の通行位置の変化があるか、渋滞の悪化、事故率などを調査する。
その結果を踏まえて、正式に法整備するか、廃案にするかみたいな。

そういうことってできないんですかね。
自転車もなるべく左端に寄るから、車も追越し時は側方間隔をきっちり取ってもらうという。

おかしな人たちが騒いでメチャクチャにして、車と自転車の対立構造を煽っているとしか思えないのですが、それをした結果何が生まれるんでしょうね。
どうせならお互いに協力して、お互いにとって好ましい法整備を検討していったほうが建設的だと思うのですが。

車のドライバー目線で、自転車が邪魔だという意見もわかりますし、自転車乗りの立場で、車が危ないと思う意見も当然理解できる。
ただまあ、法律解釈を捻じ曲げてみたり、判例解釈を捻じ曲げてでも正当化する人もいるので、そういうことよりも法整備を何とかしたほうが良さそうな。