【2022モデル】BIANCHI OLTRE XR3。105完成車が消滅・・・

2022年モデルのビアンキが発表されていますが、人気が高いミドルグレードのオルトレXR3。
何とビックリ!
105完成車がありませぬ・・・

2022 BIANCHI OLTRE XR3

2021モデルのオルトレXR3は、アルテグラディスク完成車と105ディスク完成車でした。
2022年モデルは、アルテグラディスク完成車とアルテグラDi2ディスク完成車のみです。

20222021
アルテDi2DISC715,000
アルテディスク514,800514,800
105ディスク完成車426,800

以前もお伝えしたように、2022年モデルではロゴがデカくなってます。
トレックもロゴの肥大化が著しいですが、個人的には2021モデルのロゴサイズくらいのほうが好きではありますが、好みの問題なのでそこはしょうがない。

ビアンキのグローバルサイトに、2022モデルっぽいオルトレXR4の画像が出ています。 なんかロゴがデカくなっているような気がす...


2022年モデルと2021年モデルのスペック比較。

20222021
アルテDi2ディスクアルテディスクアルテディスク
STIアルテDi2(R8170)アルテアルテ
クランクR8100 50-34TR8000 50-34TR8000 52-36T
FD、RDR8150R8000R8000
スプロケR8100 11-30T(12s)R8000 11-28T(11s)
ブレーキR8170R8070
ホイールFULCRUM RACING 400フルクラム レーシング418
タイヤPIRELLI P7, 28CVITTORIA  ルビノ PRO G2.0 28C
サドルフィジーク アンタレス R7

2021モデルと2022モデルでは、ステムなどは差がありますがほぼ同じクラスとみていいので、ほぼ違いはないと見ていいかと。
新型アルテグラの12sDi2完成車があるというのがポイントですが、お値段は71万ですからねぇ・・・

レーシング400とレーシング418は同じものです。
418はビアンキオリジナルのデザインが入っていた程度の話。

105完成車が無いのが痛い

オルトレXR3はミドルグレードで、かつカウンターヴェイルを採用した振動吸収性が高いフレームなんですが、105完成車が消滅したので最低でも50万超えるというのがやや痛いところ。
2020年モデルまではリムブレーキモデルもあったはずですが、その時代だとリムブレーキ105感完成車で30万円台でしたからねぇ・・・

デザインについては好みが分かれると思います。
個人的にはロゴがデカいのが好きではありませんが、このへんは好みの問題。

結構不思議なことに、2019年モデルもまだあるにはあるんですね。


近年のロードバイクって、振動をどうやってカットするか、減弱するかが一つのポイントになっていまして、トレックのようにアイソスピードで動かして減弱する方向もあれば、ビアンキのようにカウンターヴェイルをカーボンに織り交ぜることで振動を減弱する方法もある。
個人的にはカウンターヴェイルってスゲーわと思っているのですが、

ビアンキの2018年新作モデル、オルトレXR3の試乗をしてきました。 このバイクですが、なかなか評判がいいということで前から試乗したかった...

ディスクブレーキのみになった時点でオルトレXR3は最低でも40万円台になり、2022年モデルではアルテグラ完成車のみなので50万オーバー。
ビアンキの30万円台カーボンフレームというと、アリアかインフィニートXEになってくるわけで、ちょっと悲しいところではあります・・・