PVアクセスランキング にほんブログ村

【2022モデル】MERIDA SILEX+ LIMITED。スラムワイヤレスコンポ&650Bで登場?

メリダのサイレックスというとグラベルバイクになるわけですが、2022年モデルではカーボンフレームのサイレックス+にリミテッドバージョンが登場しています。
650BホイールにコンポはSRAM RIVAL XPLR AXS。

2022 MERIDA SILEX+ LIMITED

今回、まだメリダのサイトでも画像が正式仕様ではないようなので無しです。

一番のポイントとなるのは、コンポがSRAM RIVAL XPLR(エクスプロア) AXSということ。
グラベルバイク用のフロントシングルコンポですが、RED、Force、RIVALの3グレードがあって、メリダのサイレックスに投入されたのはライヴァル。


メリダのサイトをみてもフロントの歯数は40Tなのか46Tなのかよくわかりませんが、リアは12sで10-44T。
変速はワイヤレス。

フレームカーボン
フォークカーボン
シフターSRAM Rival XPLR eTAP AXS
RDSRAM Rival XPLR eTAP AXS
クランクSRAM Rival 1 Wide Crankset
スプロケSRAM XG-1251 XPLR 10-44T 12S
ホイールFulrcum Rapid Red 500
タイヤKenda Flintridge PRO 650Bx45C fold tubeless ready
ブレーキSRAM Rival XPLR eTAP AXS hydraulic disc brake
値段(税込)495,000円

2021年モデルでは、シマノGRX Di2完成車もあったのですが、2022年モデルでは無し。
シマノのGRXってそのうち12s化するんですかね?
フロントシングルだと12sのメリットが生きてくるので、このあたりはスラム12sとか、カンパ13sに軍配が上がりそう。

ホイールはフルクラムのRapid Red 500 650B。
グラベル用ホイールですが、重量は1650g。

2022年モデルの傾向

全般的にどこのメーカーでもそうなんですが、シマノコンポの入手性が悪いことも影響しているのかはわかりませんが、スラム完成車ってそこそこ出てきてます。
まあ、シマノよりも先に12s化しているわけですし、オフロード系だとスラムは定評がありますし。

メリダの場合、サイレックスがグラベルバイク、スクルトゥーラエンデュランスがエンデュランスバイク、シクロクロスはミッションCXとなるのですが、2022年モデルを見ているとミッションCXが無いような・・・
エンデュランスとグラベルバイクも、一部性格が被り気味な面があるので、どのような使い方をしたいのかを考えて選ばないと、思い描いたものと違う可能性もあります。
このあたりはなかなか難しい。

ちょっと前から気になっていたことがありまして、当サイトにやってくる人の検索キーワードの中に グラベルロード 後悔 これに近いものも含めれ...

いまだに【グラベルロード 後悔】というキーワードで検索している人がなぜか多いんですが、何を後悔しているのか、何を後悔しそうなのかイマイチ理解しがたい。
ヒルクライムしたいのにグラベルロードを選ぶとか、舗装路で高速巡行したいのにグラベルロードを選ぶとか、バイクの性質と目的があっていないなら後悔しそうですが、サイレックスはグラベルツーリング向けバイク。
グラベルレースとしても当然使えます。


スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…