スポンサーリンク

2022年はロードバイクタイヤが値上げ。タイヤのグレードを変えた?[アンケート]

blog

2022年はロードバイク関係のものは軒並み値上げになりましたね。
読者様からご意見をいただきました。

ここ一年で私の使用するタイヤを
MAVICイクシオンPRO UST/UST2から
PanaracerAGILEST TLRへ変更しました

 

変更した理由は
「価格」と「在庫」です
ホイールとのセット販売から使い続け
イクシオンUSTの時は8000円程度で購入できていたものが
イクシオンUST2になったら9000円以上になり
今年になってからはネットショップでも在庫薄が続いていました
(ウクライナ情勢と円安が招いた結果だと認識しています)

 

Panaracerは以前「全量回収」という事があったと聞き及んでおりますが
AGILESTでは高評価が多く6000円代中頃で購入出来ることもあり変更に至りました

 

皆さんは今年タイヤの銘柄を変えたのか
アンケートで調べるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ぶっちゃけ、タイヤを変えた?

ロードバイク関係だけでなくありとあらゆるものが値上げになってますが、確かに人によってはタイヤのグレードを下げたりするんですかね。
アンケートはかなり緩くやっているので、自由にどうぞ。

タイヤの値上げにより、タイヤの銘柄を変えた?(お一人様3票まで、選択肢の追加OK)
  • Add your answer

タイヤってかなり好みが分かれるバーツだと思っていますが、グレードを落としたときの落差が半端ないので私としては安物タイヤについては否定的。
モノによっては耐久性に難があるタイヤもあって、信じがたいレベルのバーストを繰り出すタイヤもあるし。

下り坂でスピード出ているときにバーストしたら、コントロール不能に陥りとんでもない結果にしかなりませんが…
タイヤとチューブってある意味では命を掛ける部分なので、不明なものは使いたくない。

マヴィックのイクシオンプロUST2の話

blank

ところで、マヴィックのイクシオンプロUST2の話。
異常なくらい品薄、かつ高騰してます。

 

これなんですが、なんかタイヤの製造自体がストップしていたようですよ。
最近また復活したとか。

 

たぶんなんですが、マヴィックってちょっと前まではタイヤとホイールの抱き合わせセット販売していたのをやめた影響もあるんじゃないかと。
詳しい理由はわかりませんが。

 

マヴィックのタイヤってハッチンソンだかユッチンソンが作っていたわけですが、モノ自体は悪くない。
ただし、ホイールを買って最初は抱き合わせセット販売のタイヤを使うものの、二回目からは他社タイヤに行く人もそれなりにいたわけで、タイヤ単体販売にさほど力を入れているようには見えません。

blank

まあ、マヴィックが提唱した手でもイージーに嵌めることができてハンドポンプで楽々アクセスについては、マヴィックタイヤだけの話でもありました。
一部のカーボンリムだとマヴィックタイヤでもディフィカルトに嵌めることができてハンドポンプで泣く泣くアクセスという話もありましたが。

 

なので、さほどタイヤ単体販売に力を入れていないのかなと思ってましたが、流通自体が止まれば在庫不足&高騰するのはしょうがない。

 

アジリスト…評価がいいのか悪いのかはよくわかりませんが、印象としては評価は真っ二つという気がします。
ところで、タイヤの日本ブランドってパナレーサー、IRC、ブリヂストンくらいですかね?
G○RI✕は日本ブランドというべきなのかは悩みますが…





コメント

タイトルとURLをコピーしました