PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

ミノウラのハイブリッドローラーと「床の振動」。

blog
スポンサーリンク

ミノウラから新しいハイブリッドローラーFG550Aが販売予定ですが、

 

ミノウラから新型ハイブリッドローラー「ライブライドFG550A」が登場するらしいですが。
ミノウラから新型ハイブリッドローラー「ライブライドFG550A」が登場するらしいですが。 振動吸収性を抑えた? 要は振動を抑えて響きにくいようにモデルチェンジしたという話らしい。 ところでこれ、振動がマンションで下に響いているのかについてな...

 

この手のハイブリッドローラーを使う上で気になるのは騒音と振動。
ちょっと興味深いものを見つけました。

スポンサーリンク

ハイブリッドローラーと振動

こちらはミノウラのハイブリッドローラーFG220。
上位モデルと異なり、負荷調整がオンとオフしかないモデルです。

 

ミノウラから新しく登場する予定のFG550Aについて、床面振動比較があったのですが、

FG550A ハイブリッドローラー | 株式会社フカヤ

むしろ気になったのは、FG542については速度を増すと一気に振動が上がるのに対し、私が使っているFG220や新型のFG550Aについては、速度による変動がほぼないこと。

 

何が違うのだろう?

 

FG542って7段階の負荷設定が可能なマグネット式負荷装置がついてますが、ここが振動発生に強く関係しているのかな?

 

FG220については、ストレッチマット+ダブル振動吸収マットの3P体制で使っていますが、

フローリングの部屋ではなく畳の部屋だからなのかは知りませんが、振動という振動が響くような感じとは思えない。
まあ、マンションは共鳴してどこに響くか何とも言えないけど。

 

新しいFG550Aについては、だいぶ振動を抑えてますね。
ちょっと期待が持てる一台です。

ミノウラのハイブリッドローラーまとめ

ミノウラのハイブリッドローラーまとめです。

FG220 FG542 FG550A
重量 6.1kg 10.1kg 11.8kg
負荷装置 ON・OFFの2段階 7段階 5段階
フォーク高さ調整 5段階 3段階
フォーク傾き 3度
値段(税込) 42,460円 58,300円 63,800円

フォークの高さ調整は、登り坂をイメージしたポジションを作れる機能。
必要性についてはなんとも言い難い面がありますが、ヒルクライム練習向きなんですかね。

 

ちなみにFG220を買った時って3万以下だった記憶がありますが、今も探せば2万円台。


負荷装置不要ならFG220でもいいけど、トップギアまで入ってしまいます。
いかに実走では空気と熱い闘いを演じているか再認識できます。

 

敵は空気であり、空気と友達になることがいいんでしたっけ?
愛と勇気だけが友達ですもんね。


コメント

  1. 通りすがりの一般人 より:

    フロントの高さ調整はヒルクライムのポジションのためというより、29インチのMTB用の機能だと思います。700cで水平でも29インチでは前下がりになってしまうので。ミノウラの代理店のフカヤはMTBチームのメインスポンサーですのでおそらく選手からも要望があったのではと推測します。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      一応542については、登りポジション作りのためと説明されています。

タイトルとURLをコピーしました