PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

ダブル左折レーンと自転車の直進方法。

blog
スポンサーリンク

こちらの記事にコメントを頂きました。

 

それは「直進」ではなく「右折」です。
読者様から自転車のルールについて質問を頂いたのですが、分かりにくいのでイラストにします。 それは「直進」ではない こういう道路を真っ直ぐ進むことが「直進」なのか?という話ですが、 センターラインが左側方向に伸びているので、その方向が優先道路...

 

読者様
読者様
コメント:
全然記事内容とは関係ないのですが、3車線以上ある大きな道路で、左から二番目の車線からも左折できる道路がありますが、直進したい自転車の「法的に」正しい行動と、「現実的に」行うべき行動について解説していただけないでしょうか?

いわゆるダブル左折レーンの話ですよね。

スポンサーリンク

ダブル左折レーンの走り方

まず「ダブル左折レーン」とは、二車線左折レーンがある状態です。

ダブル左折レーンだろうと、基本ルールはこれ。

自転車は第一通行帯しか走れない。

なのでダブル左折レーンだろうと、第一通行帯から直進することになります。

現実には

法律論を踏まえた実態論ですが、「自転車は第一通行帯から直進する」というルールはほとんど知られていない上、「直進」を示す手信号はない

 

その結果、こうなります。

なので私自身は、ダブル左折レーンを直進することはありません。
左折してどこかで横断することにしてますが、

たまに左折先が自動車専用道路だったりしてトラップに引っ掛かるので、根本的な解決にはなりません。
どうしてもダブル左折レーンから直進するなら、

頑張って第二通行帯を通行する車両に意思表示するしかありませんが、このように感じるドライバーもいたりする。

 

「自転車は最左レーンから直進しなければならない」なんて、たいして知られてないんだよね。
こういうのを見ると、まだまだ自転車ルールなんて知られていないんだなあと実感する。 自転車は最左レーンから直進「しなければならない」 今さらいうまでまなく、自転車は左折、直進、右折する際には「第一通行帯から」しなければならないルール(交通法3...

 

「自転車が睨んできた」などと語る人すらいるので、やはりとびっきりのスマイルで意思表示するしかありません笑。

 

ねっ、自転車の意思なんてさっぱり伝わってないし、左折レーンから直進するルール自体が知られていない。
そのような中、「第一通行帯から直進してね」なんて無責任なアドバイスは出来ないのですよ。

なので

個人的には「いろいろ考えながら走ると事故りやすいから一度左折を推奨」としか言えないけど、

これについては、構造的な解決を目指すしかないかと。
どこかのダブル左折レーンで実証実験でもしてくれないかなと思ってますが。

 

ちなみに、第二通行帯から直進する自転車も見かけます。
気持ちはわからなくもないのでイチイチ非難するような問題とは思えないけど、事故が起きたら確実に過失割合に影響するので、他人にそれを勧めることはありません。

 

ダブル左折レーン+左折先出し信号とかなら、自転車が直進できるわけがない。

法の不備と構造的不備の問題なので…

 

自転車は第1車線からしか直進できないことを知らないドライバーも多い。
これは昔からアルアル話なのかもしれませんが、多車線交差点において、自転車は最左車線からしか直進できないことを知らないドライバーはそれなりにいる。 最も左端の車線が左折専用レーンだったとしても、自転車は左折レーンから直進するしかない規定です。...

 

コメント

  1. upmoon19 より:

    ダブル左折レーンこそ専用信号や横断帯の出番だと思うんですけど普通の交差点に何故か安易に設置してきた道路行政

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      直進が難しいなんて自転車特有ですよね笑

タイトルとURLをコピーしました