チェーンだけデュラエースは効果があるのか?





ロードバイクを買って乗り回すようになると、パーツのグレードアップに目が行く人はとても多いです。
その中でも結構多くみられるグレードアップとして、チェーンだけデュラエースにするというのがあります。
これは本当に効果的なのでしょうか?

大前提として、リア11速じゃないとできませんが

ozpa_hankachikandekuyashigaru_tp_v

現行のデュラエースは、リア11速です。
チェーンは、リアの変速段数に合わせて、太さが違います
リア11速用は最も細く、11速用チェーンは10速コンポと組み合わせて使うことはできません。

なので、「チェーンだけデュラ化」するには、105以上のコンポであることが必須です

旧製品に10速デュラ(7900)がありますが、残念ながら10速デュラエースのチェーンは、既に生産終了です・・・
10速ユーザーは、アルテグラ(6700)もしくはティアグラ(4700)しか選択肢がなくなりました。

※ティアグラ4700のチェーンはMTB規格のチェーンに変わったため、コンポが4700でないと使えません。
79デュラ、67アルテ、57の105、46ティアグラをお使いの人は、67アルテの10速チェーン、もしくは46ティアグラのチェーンしか使えません。

デュラエースといえど、チェーンだけは高くない

yuuki150321140i9a4377_tp_v

デュラエースのパーツは高い!
STIなんて、アルテグラよりも数万高くなります。
ところが、チェーンだけだと、アルテグラとの差は実売で1000円程度しかありません。
気分的にも、チェーンだけデュラはアリです。

シマノ公式発表では、チェーンのグレードで性能差はない

tsu853_htnoakuryou_tp_v

シマノのチェーンは、どのグレードでも実は全く同じつくりです。
精度の違いもないそうです。

違いは、肉抜き加工による軽量化と、素材と表面のコーティングだけというのがシマノの公式見解で、シマノ的には「性能の差はない」らしいです。




ところがです。
実際にチェーンだけデュラ化すると、変速が良くなります
これの理由ですが、表面のコーティングにより、チェーンオイルのノリが良くなるのでは?と勝手に推測しています。

ただし、シマノ的にはチェーンのグレードで変速性能に違いが出るようには作っていないらしいです。

チェーンは消耗品。だからこそ

tsu893_saisoku_tp_v

よく、完成車買ったばかりの人が、「チェーンだけデュラ化」をしたがります。
私個人としては、これは非常にコスパが悪い。
というのも、11速チェーンはおおよそ5000キロ弱で寿命を迎えます。
5000キロなんてあっという間です。
だから完成車付属のチェーンは寿命まで全うしていただき、寿命を迎えたときにデュラ化が最もコスパがいいです。

ちなみにですが、チェーンがデュラになっても速くはなりません。
これだけは断言します。
ですが変速は良くなるのと、気分的にもデュラユーザーの仲間入りを果たすわけですから、モチベーションが変わります。

アルテグラとの実売の差は1000円程度。たった1000円で買える喜び、味わいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up