電動空気入れは家で使ってます【コメントいただきました】

先日書きました、電動空気入れやCo2インフレーターの記事ですが、

ロードバイクに電動空気入れってどうなの?という疑問に答える。

電動空気入れは家で使ってますという方からメールいただきました。



コメント内容

私はCO2インフレーターも電動ポンプも使用していますが、ブログで書かれているような使い方ではなく
CO2インフレーターは出先パンク対応用、電動ポンプは出発前の空気入れ用です。

出先ではTNI HYBRIDポンプというものを使い、手動で軽く膨らませ
噛みこみリスクを減らしてからCO2で一気に7気圧程度までという使い方です。
手動用でもCO2でも空気を入れることが可能ですが、管理人様と同意見で手動で7気圧入れるのは
体力の消耗を考えて避けています。

私は出発前に空気を入れてから出かけるのですが
夏に空気を入れていると汗だくになるので、電動ポンプを買ってみました。
製品としてはKUFUNGというもので、頑張れば持ち歩けそうな大きさと重さですが普通は持ち歩けないです。
電動ポンプを買ってからは出発前の空気入れの時間が準備運動やサイコンのセットなどの
準備時間に使えますし、汗もかかないので便利です。

他に出先のパンク修理時空気入れ対策としては米仏アダプタと英仏アダプタを持ち歩いています。
これで最悪は近くのガソリンスタンドや民家で空気入れを借りて入れることが可能です。
小さいので荷物にもならずお勧めです。(幸いこのような事態に陥ったことはありませんが)

こういう使い方もあるよということで、ご存じの内容もあると思いますがメールさせていただきました。

メールありがとうございます。
家での空気れとして電動を使うという発想がなかったので、そういう使い方もあるんだなぁと思いました。

これでしょうか?

確かに、サイズ的には携帯用とは言い難いですね・・・

家での空気入れ

家での空気入れのために、こういう電動式を持っておくというのは悪くない選択肢かもしれません。
私の場合は手動でのフロアポンプの作業が、そこまで苦痛だと感じたことがないので買おうとは思いませんが・・・

フロアポンプも、特に女性などは空気入れるだけですごく疲れるという話は聞きます。
そういう方が、こういう電動ポンプに頼るというのは悪くないのかもしれません。

私は家での空気入れには、ポンプヘッドだけヒラメに変えています。

ヒラメのポンプヘッドは、ヘッドだけなのに高価です。
このヒラメのポンプヘッドを【ものすごく空気れが楽になる!】と書いているサイトもありますが、ものすごく楽だとは思いませんが、確実に楽にはなります。
安定感が違います。

私がこのヒラメのポンプヘッドを買ったきっかけですが、ある時からヴィットリアのチューブでだけ、空気を入れているとバルブからヘッドがすっぽ抜けるようになってしまったことがきっかけです。

空気を入れるとポンプが吹っ飛ぶ!なぜだ??

この時に、バルブを脱脂してみたりすると多少変わったのですが、ヒラメを導入してからはそのようなことは一切ありませんし、今までよりも空気入れが早いのです。
早いというと表現が難しいですが、今までのヘッドではポンピングしてもロスしていたことがわかります。
ポンピングした分を全てチューブ内に収めてやるぞという意気込みが高いとでも言いましょうか。
ヒラメのポンプヘッドは、昨年買ったパーツの中でもベスト5に入る名作です。

【インプレ】ヒラメのポンプヘッド(縦カム)を買ってみた。使い心地はどうなのか?

注意なのは、ポンプヘッドとホースバンドは原則として別売りです。
たまにセット販売している場合もありますが。

クワハラ(KUWAHARA) HIRAMEポンプヘッド゛横型+ホースバンド HP-20Y シルバ-
クワハラ(KUWAHARA) (2016-05-25)
売り上げランキング: 52,247

女性とか非力な人で、どうしてもフロアポンプでもつらいという人は、電動化するのもアリでしょう。
男性でも、汗をかきたくないという人にはいいのかもしれません。

それにしても最近は何でも電動化ですね。
変速だって電動ですし、オ〇ニーも電動化している人がいるそうです。

この方のポイントですが、出先では電動ではないというところでしょうか。
出先のパンクには、Co2が圧倒的に便利です。
ただし、必ず携帯ポンプも持っておかないといけませんが。

電動ポンプも持っていても、携帯手動ポンプは必要です。
電池切れや故障時の備えですね。

空気入れもオ〇ニーも、確実性が高いのはやはり手動ということかもしれません。
手って偉大ですね。

コメントありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする