ルイガノから新作クロスバイク、SETTER9.0 DISC発表。油圧ディスクで63000円は安い。

ルイガノから新作クロスバイク、SETTER9.0DISCが発表されました。
ルイガノというと、3月にあった倒産報道もあるのですが、

大手ブランドのルイガノが破産申請というニュースが入ってきました。 これについてちょっと思うことがありまして。 ...

日本はまた別なので、普通通りのようです。
カナダ本社のHPを見ると、イマイチ状況は不明ですが。

SETTER9.0 DISC

新作クロスバイクのSETTER9.0 DISCですが、既に存在しているリムブレーキ仕様のセッターのディスクブレーキバージョンです。
こっちはリムブレーキ版のセッター9.0。


ディスクブレーキ版のセッター9.0は、重量が11.7キロ、アルミフレーム&アルミフォーク、コンポはターニーとアルタスのミックスで3×8変速。
ブレーキはシマノの油圧ディスクブレーキで、これでお値段は63,000円(税別)

なかなか安いと思いまして。

エントリーグレードの6061アルミでコストダウンし、コンポもシマノでしっかりしていて、油圧ディスクブレーキ。

こちらはサイズが370のほうですが、

クロスバイクの場合特にですが、小さいサイズはこういうシルエットになります。
カラーリングは、ルイガノだなぁと思うようなデザインというか、ルイガノってシンプルさの中のデザイン性という感じがします。

リアハブがSHIMANO FHTX5058なので、リアエンド幅135mmのクイックリリース仕様ですね。
クロスバイクだと、スルーアクスル仕様のほうが少ないのかもしれません。
まあ、剛性とかそこまで求めるような車種ではないというか、レースするわけでもないので、これで十分と言えるスペック。

ルイガノの今

ルイガノ本社は倒産報道がありましたが、日本で販売されているルイガノは、あさひが販売権を持っていて、日本で企画されたライセンス商品です。
どうもサイクリストの中には、ルイガノがライセンス商品だからとか、アパレルブランドだからと言って敬遠する傾向があるのですが、いつも思うんですが、ルイガノって普通に値段なりの性能です。

ルイガノはスポーツサイクルの中ではそこそこ有名なブランドですが、ルイガノのロードバイクやクロスバイクは、なぜか評価が低いという現実があります...

今はロードバイクはガノーのほうだけになってますが、過去には普通にカーボンロードとかもありましたし、チタンフレームもあったはず。

これですね。
ルイガノのLGS-RTI。

3AL-2.5V TITANIUMのダブルバテッドフレームで、デュラエース組でお値段が驚きの76万。
重量は7.47キロ。

こういう時代もありました。

個人的には結構好きなデザインなんですけどね。
クロスバイクも、同じような価格帯の他社に比べて、特に劣っているというわけでもないし。

今はルイガノ=カジュアルバイク、ガノー=スポーツサイクルという感じですが、ガノーブランドだとこういうフラットバーロードもあります。

AXIS F3.

イマイチ、カナダ本社の状況が見えてこないのですが、日本での販売権はあさひが持っているので、普通に継続されるようです。
ガノーブランドのほうはカナダ設計ですから、こっちはどうなるんでしょう???

ルイガノの新作クロスバイク、セッター9.0ディスクですが、値段とスペックで見たら、十分お買い得に見えます。
コロナ騒動で自転車通勤しようと考える人も多くなってますが、こういうお買い得モデル&ディスクブレーキは、結構売れそうな予感。

ちなみにルイガノブランドでも、きちんとしたフラットバーロードもあります。
AVIATOR9.0とか、カーボンフォーク、コンポは105、ホイールはシマノRS100で、14万5千円。


買いやすい値段の、コンポをソラにしたモデルもありますし。


これらはジオメトリもロードフレームに近いもので、リアセンターも短め。

まあ通勤に使いやすくてお買い得となると、今回の新作クロスバイク、セッター9.0ディスクのほうでしょうか。