信号待ちでは左側の着地点に注意!

信号待ちなどで停止するときに、ビンディングは左を外す?右を外す??という記事について、ご意見頂きました。

信号待ちのときに、普通は左右のどちらかをビンディングペダルから外して立つと思います。 これ、日本在住の人だと、ほとんどの人は左を外して立っ...

私も、左足外し派なんですが、田舎の道ですと、路肩が崩れていたり、斜めっていたり、そもそも路肩がすごく狭かったり、変形だったります。ひどい時は側溝に蓋が無いとか。

先が詰まっていて、停車前に左足外して、狭い路肩に着こうとしたら、なぜかそこだけ路肩が無くなっていて…左足が空を切って、田んぼにダイブって人が居ました。

左足外しが基本は同意しますが、着地点を良く見てくださいと追加していただけるとw
右足側は基本、道路が急になくなるってこと、ないですからね。

というお話でした。
ちょっと笑っちゃいましたが、田んぼにダイブ・・・

ついつい便利なんですが

信号待ちで停止するときに、左を外して、左足を歩道の段差に載せている人って多いです。
サイクリストでは定番の光景ですが、ちゃんと見てないと架空の段差に足を乗せようとしたりするケースもあるそうです。

これについては、ちゃんと見ようぜ!の一言で終了なんですが、まあ、気をつけましょう。

あと、慣れているサイクリストだと、両足ともビンディングから外さずに、柱や柵を手で支えている人もいます。
別に好きにすればいいんですが、こういう人って発進時にやたらふらついている人が多いので、後続車に迷惑が掛からないようにしたほうがいいのでは?といつも思うのですが。

ビンディングは外さない、赤信号は原則として突破します!というバカは、マジで人生から退場して欲しいと願ってます。

不注意

足を載せようとしたら何も無くて田んぼへダイブ・・・はまさに不注意でしょうけど、最近見つけた動画。

トレイン組んで走っているときに、前車をよく見てないのか、突っ込んで自爆されてます。
これは防げる事故ですし、後続車が来ていたらマジで死んでもおかしくない。

ちょっとした油断が大きな結果になる事例ですね。
田んぼにダイブも、被害は相当なものだろうと思いますが。

これも不注意ですね。
エアロハンドルに腕を置いた結果、滑ってバランス崩して自爆。

油断大敵です。

こちらはコントロール不能な速度で下ると、よくある事例です。

こちらはサイコンの向きかなんかが気になって直そうとして、コントロール不能な速度域で落車。

私が前に落車したときは、もうすぐ停止しようと思って気を抜いていたら、小さな段差に前輪を取られて落車でしたが、油断しているときのほうが危ないですね。
そこに足が置ける、と思いこんでいたら、何も無く空振りして田んぼにゴールとかはやっぱきついんで、足を着いて完全停止するまでは何が起こるのかわからないということです。




コメント

  1. かんな より:

    私の場合は信号手前の左右のS字の右コーナーを走っていた時に、泥の上に砂が綺麗に乗っていて、それに気付かずタイヤが乗った瞬間にズルッと行きましたね。
    たまたまバンクの関係で右足を外していたので転けること無かったですが、股間がヒヤッとしましたね。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      コーナーリングでの砂とか草は、ホント驚きますよね。
      知らない道を走るときは、【コーナーリングのまだ見えてない部分に、何があるのかはわからない】ことを肝に銘じて走ってますが、気持ちよく走っているとその気持ちも薄れている気がします。