【2021モデル】MERIDA SCULTURA700,400,200。ディスクブレーキのスクルトゥーラを買うときの注意点!

このネタは散々書いたのですが、別記事で注意喚起したほうがいいかなと思うところがありまして、別記事にします。

2021年モデルから、メリダのスクルトゥーラは名前が微妙に変わっています。
2020年までは、ディスクブレーキ車だと末尾に【DISC】と付いてました。
2021年からは、リムブレーキ車に【RIM】と付くので、無印ならディスクブレーキ車です。

2021 MERIDA SCULTURA(ディスクブレーキ)


ディスクブレーキ車のアルミスクルトゥーラの場合、700、400、200の三つのグレードがあります。
700と400はともに105油圧ディスク完成車。
同じコンポなのにわざわざ別の車種にしている理由は、細かいスペックの違いです。
スクルトゥーラ200については、ソラ完成車で機械式ディスクブレーキとなっています。

値段は2020年モデルと変わらず。
一気にまとめてみます。

SCUTURA700SCULTURA400SCULTURA200
フレームSCULTURA lite disc(アルミ)SCULTURA lite-BSA disc(アルミ)
フォークSCULTURA CF2 disc(フルカーボン)
STI105油圧ディスクソラ
クランク105 52-36TシマノRS510 50-34TFSA Omega 50-34T
FD,RD105105ソラ
スプロケ105 11-30Tマイクロシフト11-28T
ブレーキ105油圧ディスクPromax DSK-330R(機械式ディスク)
ホイールFulcrum Racing 600 DBメリダオリジナルメリダオリジナル
タイヤMaxxis Pursuer 25c
重量9.0キロ(S)9.0キロ(XXS)9.7キロ(XS)
値段(税別)239,000199,900129,900

700と400のですが、クランクとホイールが主な違い。
400はシマノですがノングレード品のRS510になっているのに対し、スクル700では105クランクを採用。

以前、105完成車によくついてくるクランクであるFC-RS500は、105のクランクに交換するよりもアルテグラのクランクに交換するほうがオス...

ホイールの違いは、スクル700で採用されているレーシング600のほうが軽いですが、レーシング600が凄くいいホイールというわけでもないので、自分だったらスクル400を買って差額はホイール購入資金にするかな・・・という感じ。

重量も700と400で差がないように見えますが、比較するフレームサイズが異なっているので要注意です。
当然700のほうが軽い。

で、問題なのは実は200のほうです。

スクルトゥーラ200(ディスク)の注意点

700、400、200と全てアルミフレームで、フレーム自体のグレードはほぼ変わらないものだそうです。
ただし重要な違いがあります。

SCULTURA700SCULTURA400SCULTURA200
フレームSCULTURA lite discSCULTURA lite-BSA disc
フォークSCULTURA CF2 disc
フロントの方式スルーアクスル
リアの方式スルーアクスルクイックリリース
BB形式PF86JIS(BSA)

スクルトゥーラ200だけは、リアがクイックリリースになっています。
そのため、ホイールをグレードアップしたいと思うときに、選択肢が減るのが難点。

先日の記事についてですが、 読者様からの貴重な資料を提供いただきました。 あの中で、フロントがスルーアクスル、リアが...

こちらの記事について、ご意見頂きました。 ん??と思ったのですが、スクルトゥーラ(アルミ)ってフロント...

BB形式については、あまりこだわるポイントでもないのでどうでもいいです。
理屈の上ではプレスフィットのほうが軽くて剛性が高い・・・んでしょうけど・・・体感できる人がいるのだろうか??

スクル200は低価格で買えるディスクブレーキ車なので需要も多いと思うのですが、唯一の難点は後輪がクイックリリースであるということ。
クイックリリースに対応したホイールがそれほど多いわけではないのと、クイックリリースのディスクブレーキ車はほとんどないので、ホイールのグレードアップを検討している方にはオススメしません。
ホイールのグレードアップを一切検討してない方なら、比較的安価で買えるディスク車なので結構いいと思うのですが・・・

ここが唯一、もったいないポイントです。
なのでどうせ買うなら、アルミスクルの中では400がベストチョイスと言えそうです。