【2022モデル】GUSTO COBRA。ついにXXSサイズが登場か。

台湾GUSTOが2022年モデルの新車として、コブラと名付けたバイクを登場させています。
しかもリムブレーキのみという時代の流れに逆行した一台とも言えるわけですが。

2022 GUSTO COBRA SPORT

https://www.gustobike.jp/

コブラの基本的な性質は、スプリントやヒルクライムに最適なペダリング効率の良い【DiamondGeometry】を採用して、かつエントリーグレードのユーザー向けというコンセプトのようです。
この時代にあえてなのかリムブレーキのみという、時代の流れに逆行するかのような新フレーム。

東レT800を使い、フレーム重量は950gとなっているので、エントリーグレードにしては軽いほうと言えます。

完成車販売で、105完成車のみ。

フレームカーボンT800
フォークカーボン
STI105
FD,RD105(RDはSS)
クランク105 50-34T
スプロケ105 11-28T
ブレーキ105
ホイールアタッキアルミクリンチャー(30㎜ハイト)
タイヤINNOVA25c
バーテープXTRM
重量8.4㎏
値段(税込)198,000

カーボンフレーム&105で20万アンダー。

2021年モデルのカーボン&105完成車というと、実はキャノンデールが最安だったというオチ。

先日書いた記事に追記。 メジャーブランドでカーボンフレーム完成車(105)は、ビアンキのスプリント、もしくはGUSTO...

アンダー20万なのでガストのコブラもお買い得と言えます。
ガストらしからぬというか、ホイールはややケチった感が出ていますが、どうせ完成車付属のホイールなんて後から好みで変えていくものですし。

アンダー20万!ということですが、このバイクのウリはそこではないと思ってまして。

サイズXXSがある

前から気になっていたのですが、台湾GUSTOと日本のGUSTOでは、販売されているサイズが異なってました。

某海外在住の方とお話しする機会があったのですが、台湾ブランドでGUSTOってありますよね。 その方は、【ガスト】だと言います。 私も英語...

RCR DUROだと、日本の代理店サイトだとサイズSが最小、台湾本国ページだとXSが最小。
日本の代理店が最小サイズを取り扱っていなかったということだと思いますが、コブラについてはXXS,XS,S,M,L,XLと6サイズ展開となっています。
なので身長が低い人でもサイズを選びやすいという点では、評価できるポイントなのではないかと。

ちなみにRANGER LEGENDで見ると、日本はS,M,L,XLの4サイズ展開。
台湾本国ではS,M,L,XL,XXL,3XLの6サイズ展開となってますが、さずがに3XLは需要がほとんどないでしょう。

コブラで見ると、ジオメトリはこうなってます。

サイズ水平トップシート長リーチスタック適応身長
XXS489420365496150-158
XS505460371501156-164
S520480377516162-170
M534500382530168-176
L549520389544174-182
XL559540395560180-188

サイズ展開が多いほうが選びやすいですし、これはいい方向だなと。
アンダー20万という買いやすい価格帯だけでなく、サイズ展開を多くしていることはいいこと。

小さい人向けというと、ブリジストンアンカーが有名どころですが、アンカーのRL8Wのサイズ390と420と比較してみるとこうなります。

車種サイズ水平トップシート長リーチスタック適応身長
RL8W・390485390359498145-156
RL8W・420500420367507149-160
コブラXXS489420365496150-158

コブラXXSはアンカーRL8Wのサイズ390と420の間、420寄りというイメージでしょうか。
身長が低めの方でも安心して乗れそうなサイズが登場しているのが、ポイントなんじゃないかと思いました。