最近のETRTO基準。タイヤ幅とリム幅の関係性。

一昔前だと、リム内幅15c=23cというのが常識でした。
リム幅の1.4~2.4倍あたりが適合タイヤでしたが、ETRTO規格の変更により今は異なります。

新ETRTO規格によると

ヴィットリアのHPでこの辺りが説明されています。

タイヤ幅リム幅(内幅)
18-2115C
22-2417C
25-2819C
29-3421C
以下割愛

https://www.vittoria.com/ww/en/stories/tech/etrto-bike-tires

ただしあくまでも、新設計のリムとタイヤでの話なので、古いリムだとちょっと話が変わるようです。

どんどん太くなるリムとタイヤ

ロードバイクというと伝統的には23cタイヤだったわけですが、今だと標準が25c、完成車によっては28cが付いてくるものでも珍しくはない時代になりました。
28cあたりでもいいタイヤが登場しているという事情も大きい。
一昔前だと、28cだとレーシングタイヤはありませんでしたし。

ディスクブレーキ化の流れがリム幅とタイヤ幅の関係にも影響していますが、最近、エンデュランスバイクとグラベルロードの差が少ないような立ち位置のバイクもあります。
サーベロのカレドニアなんかもそうです。

人気が高いカナディアンブランドのサーヴェロから、レーシングエンデュランスモデルのカレドニアというバイクが発表されています。 先日のメリダの...

グラベルロードはASPEROがあるけど、ASPEROより舗装路で速く、それでいて通常のレーシングバイクよりも太いタイヤを履かせたいというコンセプトで登場しています。
サーベロではカレドニアのことをモダンロードと呼んでますが、要はエンデュランスバイクの一種と見ればよい。

今の時代、エンデュランスバイクとグラベルロードの差がほとんどないようなバイクもあるので、正直なところそれなりに調べてから買わないと、買ってからなんか違うぞということに陥りやすいのかもしれません。

ちょっと前から気になっていたことがありまして、当サイトにやってくる人の検索キーワードの中に グラベルロード 後悔 これに近いものも含めれ...

先日の記事の続きです。 ここ数年で一気に市民権を得たのがグラベルロードなんですが、メーカーによっては ...

まあ、さほど調べもせずに買って後悔するという心理だけはどうにも理解不能な面もあります。