新型デュラ(R9200)とアルテグラ(R8100)発表!電動のみ!クランク長160㎜登場へ。

ついにシマノの新型デュラエースR9200と新型アルテグラR8100が発表されました。
クソ遅かったですよね。

さて新型デュラエースとアルテグラは、なんとビックリのワイヤー式変速がありません。

新型デュラエース(R9200)とアルテグラ(R8200)のまとめから

先にまとめます。

新型デュラエース新型アルテグラ
品番R9250R9270R8150R8170
ブレーキリムディスクリムディスク
変速Di2ワイヤレスDi2Di2ワイヤレスDi2
備考有線式Di2のみ有線接続・ワイヤレス接続両方に対応有線式Di2のみ有線接続・ワイヤレス接続両方に対応

ワイヤー変速コンポが消滅した時点でも驚きなんですが、なぜかリムブレーキ用とディスクブレーキ用で差をつけているのもポイント。
リムブレーキ用Di2は、デュラもアルテも有線式Di2のみ。
ワイヤレスを使いたいならディスクブレーキにしろよというシマノのメッセージでしょうかw
ちなみにディスク用のワイヤレスDi2については、有線接続も可能。

ワイヤレスのほうはRDとSTIをワイヤレスで通信していて、RDとFDは有線で接続する方式。

クランク長160㎜登場

デザインは4アーム継続、ホローグライドなど中空技術も同じのようですが、ピンの配置などを見直して変速性能を向上させているらしい。

従来だと105にしか設定が無かった160㎜クランクが、デュラもアルテも登場しています。

FC-R9200FC-R9200-PFC-R8100FC-R8100-P
160mm
165mm△(52-36)
167.5mm
170mm
172.5mm
175mm
177.5mm

※△印は要確認。

歯数構成と重量はこのようになっています。

歯数重量
FC-R920054-40T714g
52-36T692g
50-34T685g
FC-R9200-P54-40T774g
52-36T752g
50-34T745g
FC-R810052-36T711g
50-34T700g
FC-R8100-P52-36T769g
50-34T758g

デュラもアルテも160㎜が登場していますが、180㎜が消滅。
まあ、需要があまりないのかもしれません。
従来の53-39Tが消滅し、デュラには54-40Tが登場しています。

アルテグラにあった、46-36Tも消滅していますね。

スプロケの歯数は2種類のみ!

一番謎なのはスプロケの歯数。

デュラもアルテも、11-30Tと11-34Tの2種類しかありませんw

デュラエースアルテグラ
歯数11-30T11-34T11-30T11-34T
重量223g253g291g345g

デュラは相変わらず、一部がチタンになっています。
ちなみに歯数構成の詳細を見るとこうなります。

11-30T
12s(R9200)11-12-13-14-15-16-17*-19*-21*-24*-27*-30*T
11s(R9100)11-12-13-14-15-17-19*-21*-24*-27*-30*T

※はチタン

12sの11-30Tでは、16Tが追加されている形です。

11-34T
12s(R9200)11-12-13-14-15-17*-19*-21*-24*-27*-30*-34*T
11s(HG800)11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34T

11-34Tは、11sに比べて12Tが追加されている状態。

正直なところ11-34Tの12T追加は微妙かな・・・と思うのですが、どうなんでしょう?

ちなみにデュラもアルテもスプロケにハイパーグライド+(HYPERGLIDE+)を使うことで、変速性能を向上。

ていうか、ジュニアカセットが出ないというのはなぜ???

スプロケは11sフリーボディに使えるようになったため、従来のホイールのままで12速化が可能です。
12sフリーボディの場合には、11sスプロケが使えないそうですが・・・

新型デュラとアルテの値段

とりあえず重量と値段のまとめです。

まずは重量から。

R9250(リム)R9270R8150(リム)R8170
STI250g350g295g391g
FD96g110g
クランク685g(50-34T)700g(50-34T)
BB65g77g
RD215g262g
スプロケ223g(11-30T)291g(11-30T)
チェーン242g252g
ブレーキ327g230g362g282g
ディスクローター108g(160㎜)108g(160㎜)
重量合計2103g2214g2349g2473g
値段(税込)約34.5万約36万

※配線類を除く

印象として

機械式変速を排除した時点でウホっという感じなんですが、気になるのはスプロケの選択肢の少なさ。
アルテグラグレードのジュニアカセットはこれから出てくる予定なんでしょうか??

スプロケが2種類かつワイドギアのみとなったため、以前のアルテ以下のように、RDのSS、GSという設定がなく1種類のみになっています。
11-34Tの12sについても、11sと比較すると追加されているのが12Tなのが微妙なところで、レース志向の人にはいいのかもしれませんが、非レース志向の人だともうちょっとロー側に追加してもらったほうが嬉しいような。
11-30Tの16Tが追加されている件は、なかなか良さそうだなと思いますが・・・

変速性能や耐久性については今後わかっていくでしょうけど、とりあえず速報ということで。
ホイールのほうは・・・後日まとめます。




コメント

  1. A.K. より:

    いつも楽しく拝見しています.

    新しいスプロケットですが,トップとローの歯数でなく,主要な歯構成から見ると,

    12sの11-30Tは11sの11-25Tをベースにロー側に30Tを追加し,間の歯数を調整,
    12sの11-34Tは11sの11-30Tをベースにロー側に34Tを追加したもののように見えます.

    おそらくフロントを54-40Tにした際のロー側のギア比を補うための設計かと思っています.

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      54-40Tはプロ仕様、もしくはハイエンドアマチュア仕様だと思いますが、スプロケ歯数の選択肢が少なすぎると思いません??
      おっしゃることの意味はわかるのですが、12sであることの魅力がさほど無いような・・・

      • A.K. より:

        スプロケの選択肢がクロスレシオかワイドレシオの2択しかなく,選択肢は少ないと思いますし,11sの11-34T愛用の私には現状の12sは魅力を感じないですね….
        11sの時も後からスプロケットが追加されましたし,今後スプロケットの選択肢が増えるのを期待してます.

        • roadbikenavi より:

          コメントありがとうございます。

          ジュニアカセットくらいは増えそうな気がするのですが、それ以外はどうなんですかね。
          RDにSSとGSの区別がないことも気になるところです。