新型デュラエースとアルテグラのホイール(R9200系とR8100系)のまとめ。

新型デュラエースとアルテグラが発表されたわけですが、

ついにシマノの新型デュラエースR9200と新型アルテグラR8100が発表されました。 クソ遅かったですよね。 さて新型デュラ...

ホイールについては、いささか予想外でした。
なんでこうなるジャパン!

デュラエースグレード(R9200系)ホイール

従来のデュラグレードというと、C24、C40、C60の3本立てでした。
まあ、C40と謳いながらも一部ホイールは35㎜とか37㎜しかないなど、意味不明な状況もありましたが。

新型デュラエースのホイールは、C36、C50、C60の3本立てに変わります。
1点注意事項ですが、フリーボディが12sのみ対応になっています。
12s対応フリーボディは、12sしか対応していません。
11sフリーボディの場合は、12sスプロケを付けることができるのですが・・・

R9200のラチェットは、デジタルエンゲージメントというスラーラチェットのようなタイプに変わっています。
なので従来のフリーボディに交換というのも不可能でしょう。

R9200系チューブラーホイール

まずはカーボンリムのチューブラーホイールから。

WH-R9270ーC60-HR-TUWH-R9270ーC50-TUWH-R9270ーC36-TU
F重量667g610g522g
R重量770g722g632g
ペア重量1437g1332g1154g
リムハイト60㎜50㎜36㎜
リム外幅28㎜28㎜28㎜
リム内幅
適応タイヤTUTUTU
スポーク数24/24(2:1)24/24(2:1)24/24(2:1)
ブレーキタイプディスク

チューブラーを選ぶ人は少数派だと思いますが、R9200系チューブラーホイールはディスクブレーキ用のみです。

参考までに、R9100系のホイールも挙げておきます。

WH-R9170ーC60-TUWH-R9270ーC40-TU
F重量678g609g
R重量829g763g
ペア重量1507g1372g
リムハイト60㎜37㎜
リム外幅28㎜28㎜
リム内幅
適応タイヤTUTU
スポーク数24/24(2:1)24/24(2:1)
ブレーキタイプディスク

以前も似たようなものはあったけど、大きく軽量化したイメージですかね。

R9200系チューブレスホイール

続いてはチューブレスホイール。

フルカーボンリムのチューブレスホイールになります。

WH-R9270ーC60-HR-TLWH-R9270ーC50-TLWH-R9270ーC36-TL
F重量751g674g620g
R重量858g787g730g
ペア重量1609g1461g1350g
リムハイト60㎜50㎜36㎜
リム外幅
リム内幅21㎜21㎜21㎜
適応タイヤTLTLTL
スポーク数24/24(2:1)24/24(2:1)24/24(2:1)
ブレーキタイプディスク

これらは全て、チューブレス用リムテープが必須になっているようです。

参考までに、R9100ではC40のみチューブレスがありました。

WH-R9170ーC40-TL
F重量739g
R重量883g
ペア重量1622g
リムハイト37㎜
リム外幅
リム内幅17㎜
適応タイヤTL
スポーク数24/24(2:1)
ブレーキタイプディスク

ワイドリム化した上に大幅な軽量化を達成しているので、これはこれで朗報ですね。

リムブレーキ用ホイール

リムブレーキ用のR9200系デュラホイールですが、ありえないことにカーボンチューブラーだけになりましたw

WH-R9200ーC60-HR-TUWH-R9200ーC50-TUWH-R9200ーC36-TU
F重量653g586g602g
R重量796g723g684g
ペア重量1449g1309g1286g
リムハイト60㎜50㎜36㎜
リム外幅28㎜28㎜28㎜
リム内幅
適応タイヤTUTUTU
スポーク数16/21(2:1)16/21(2:1)16/21(2:1)
ブレーキタイプリム

R9100系カーボンチューブラーはこのようになっていました。

WH-R9100ーC60-HR-TUWH-R9100ーC40-TU
F重量666g637g
R重量830g747g
ペア重量1496g1384g
リムハイト60㎜37㎜
リム外幅28㎜28㎜
リム内幅
適応タイヤTUTU
スポーク数16/21(2:1)16/21(2:1)
ブレーキタイプリム

R9200系では一気に軽量化したということになります。

なおくどいですが、

R9200系ホイールは12sしか使えません!

R8100アルテグラホイール

さてR8100系のホイールも登場しています。
新製品のR8100系はディスクブレーキ用のみです。

カーボンリムで登場というところもポイント。

WH-R8170ーC60-HR-TLWH-R8170ーC50-TLWH-R8170ーC36-TL
F重量738g698g657g
R重量911g872g831g
ペア重量1649g1570g1488g
リムハイト60㎜50㎜36㎜
リム外幅
リム内幅21㎜21㎜21㎜
適応タイヤTLTLTL
スポーク数24/24(2:1)24/24(2:1)24/24(2:1)
ブレーキタイプディスク

リムはデュラエースと共通で、ハブが違うだけのスタイルになっているようです。
デュラホイールは12s専用ですが、アルテグラグレードは11s、12s共用になっているようです。(つまり8s~12s対応)

デュラエースではラチェットがダイレクトエンゲージメントという、いわゆるスターラチェットのようになっているわけですが、アルテグラグレードでは従来の爪式ラチェットにしてコストダウンしているのが特徴です。

総合的に見て

デュラホイールは、ハブをデジタルエンゲージメントという、いわゆるスターラチェットのようなタイプにすることで駆動剛性を挙げているのが特徴。
またR9100系に比べると大幅な軽量化も果たしています。

ただまあ、リムブレーキ用はバッサリ切り捨て気味ですね。
アルミホイールは新作がありませんw

デュラグレードとアルテグレードの差は、主にラチェット方式の違いと思えばいいのかと。