PVアクセスランキング にほんブログ村

無灯火逆走自転車と衝突とか。

Twitterで、無灯火逆走自転車と衝突してカーボンフレームが盛大にクラックという事件が出てるようですね。
まあ、逆走無灯火とかマジで見えないこともあるし。

過失割合

一番の問題は、過失割合。
あくまでも生活道路での基準ですが、通称赤本だと50:50が基本線。

ロードバイクで走っていると、それなりに見かけるのは逆走してくるママチャリ。 逆走自転車の交わし方については、過去にもいくつか記事を書いてま...

ここから無灯火や逆走等を修正していくことになります。

なぜ基本線が50:50なのかという話。
そもそも民事の過失割合は、道路交通法違反の程度を争うわけでもなくて、民法709条の不法行為責任を争うから。

第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

ここでいう過失は、予見義務と回避義務の違反。
道路交通法違反も過失になりうるけど、どちらかというと自転車同士の事故の場合、回避義務違反について争いになります。

生活道路の基本線が50:50なのは、自転車は低速で走るものだから容易に回避可能でしょ?という概念が働いているのかもしれません。
事実、逆走自転車と衝突した判例で、順走自転車の過失を100%にした判例も。

ちょっと前に取り上げた件。 この記事で取り上げたブログさん、ほかにも判例について解説(?)をしているようなので...

どのような事故形態かにも依るし、生活道路と幹線道路でも違うけど、以下はマイナスに働く要素。

・時速30キロ以上
・回避行動を取っていない

自転車の場合、時速30キロ以上を高速度と見られることが多いです。
なので、ロードバイク対ママチャリの場合、ロードバイクが相対的に強者のようなイメージになってしまう。

例えばこれなんかも、ある意味では逆走自転車との衝突事故ですが、50:50です。

先日挙げた判例なんですが、 ちょっと補足。 なぜ車道ロードバイクにも5割の過失が付いたか まず、事故の前提...

夜間で十分な視野が確保されてないなら、それに応じた速度で進行すべき注意義務があったみたいに認定されることは多い。

事故の具体的状況がわからないので何とも言えませんけど、逆走自転車と無灯火自転車は速やかに改めさせないと、まともな道路にはなりません。

なお、減価償却に関する判例はこちら。

ロードバイクに乗っていて事故に遭い自転車が損傷した時に、相手方保険屋は、「減価償却」を持ち出して損害額を決めようとします。 こ...

逆走自転車は

何とかして逆走自転車と無灯火自転車は取り締まりを強化して欲しいですが、以前から何度も書いているように、逆走自転車と衝突するとロードバイクは望むような賠償を受けられない可能性が高いのです。

逆走自転車が相手だろうと、事故回避義務はありますから。
逆走自転車と衝突して、順走自転車も安全運転義務違反や重過失傷害で書類送検された事例すらあります。
回避義務違反は、なかなか大きく見られますから。

以前から逆走自転車問題については何度も書いてますが、逆走自転車との距離があるときには、左端に寄せて停止して待ったほうがいいよと書いてきました...

いろいろ知れば、どこに注意するべきかわかると思うけど、逆走自転車と無灯火自転車は撲滅しないと。

スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…