PVアクセスランキング にほんブログ村

デカトロン、国内全店舗閉店で通販等に専念。

以前、デカトロンというブランドの自転車について書いてますが、

ちょっと前というか結構前に、読者様からメールを頂きまして、デカトロンというブランドについて取り上げて欲しいとのことでした。 こんにちは。 ...

国内全店舗閉店、通販等に専念するらしい。

デカトロン閉店へ

デカトロンは日本でのブランド価値の向上と販路拡大のため、自社ウェブサイト(decathlon.co.jp)の拡充と、取扱店舗の拡大を予定しています。それに伴い、デカトロン西宮店は今年6月19日、デカトロン幕張店は今年7月10日をもって、それぞれ閉店いたします。今後は引き続き自社ウェブサイト(decathlon.co.jp)やデカトロン公式楽天市場店などのショッピングサイト、そして株式会社ナチュラムをはじめとするパートナー企業の販売網にてお求めいただけるほか、順次取扱店を増やし、デカトロンの企業理念である「いつでも、どこでも、誰にでも、スポーツの楽しさと喜びをお届けする」体制を強化していきます。

https://support.decathlon.co.jp/hc/ja/articles/5878864620697-%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%81%AF%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%B8

自社店舗は閉店。
取扱店を増やすともあるので通販オンリーになるわけではないみたいだけど。

それに伴い、店舗での修理も終了します。

デカトロン幕張店は、2021年8月より自転車購入者様へのアフターケアサービスの一環として店内修理サービスを提供して参りましたが、2022年7月10日の閉店に伴い、2022年6月10日にてサービスを終了させていただきます。

https://support.decathlon.co.jp/hc/ja/articles/6627033527961-%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E5%BA%97%E5%86%85%E4%BF%AE%E7%90%86%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B

こういう時代なので、店舗を構えるよりもECサイトや取扱店販売の方が固定費も削減できるわけだし。

実際のところ、私としてはロードバイクを買うときは、店頭で対面販売の方が好ましいと思っています。
自分でメンテできる人はともかく、最初は対面販売の方が好ましい。

メンテ関係もそうだけど、通販で購入して変速の仕方を理解していないケースも聞きますし。
まあ、ショップを信用してない人も一定数いますが。

日本においてデカトロンというブランドがスポーツサイクルのブランドだと広く認知されているとは思いません。
今後どういう方向に進むのかは、なんとも言いがたい。

どっちがいい?

海外だとロードバイク販売について通販が主流になりつつある場合すらあるらしいけど、ロードバイクで通販というとまず名前が挙がるのは中華シナレロ、ではなくてもちろんキャニオンです。
キャニオンは通販オンリーで代理店を挟まない直販体制なので、圧倒的に安い。

一時期、キャニオンお断りというショップの話題もありましたが、最近はメンテナンス専門店もあるから、見てくれるショップが皆無というわけではない。

個人的には店頭でいろいろ見ながら、相談しながら買う方が好きです。
相談する過程自体も含めての価値なので。

今後はAIがいろいろ回答してくれるから困らない時代になるのか?というと、あんまり信用してない。
だってさ、最先端を行くと思わしき某社なんて、うちのサイトをアダルト呼ばわりしますよ。
何回も、繰り返し。
何回も「違う」と抗議してますが、しつこく認定してきます。
回数で言うなら、たぶん過去200回くらいはアダルト認定して警告してきました。

キレそうです。
最近のAIは、文章を書いている人間の思考回路を分析してくるのですか?
そりゃ、動画の閲覧履歴はきちんと削除しないとバレて怒られるし、クレジットカードの明細をチェックされたらバレちゃいますよ。
けどね、こっちだってバレないように必死の努力をしているわけなので、せっかく隠蔽工作しているのにAIに見抜かれることは不本意です。

えーと、何の話でしたっけ?

そうか、通販の話か。
デカトロンは全店舗閉店、通販と取扱店販売になります。
通販で購入することは否定しませんが、デカトロンがスポーツサイクルの分野で今後どのような方向に進むのかについてはちょっと疑問です。




スポンサーリンク
判例集

〇道路交通法38条の解釈(対歩行者)

 

blank
前回、横断歩道を横断する自転車についての判例をまとめましたが、歩行者についてもまとめておきます。

道路交通法38条…

 

〇道路交通法38条の解釈(対自転車)

blank
この記事は過去に書いた判例など、まとめたものになります。
いろんな記事に散らかっている判例をまとめました。

横断歩道と自転車の関…

 

〇自転車を追い越す時の側方間隔の判例

blank
先行する自転車を追い越し、追い抜きするときに、側方間隔が近すぎて怖いという問題があります。
これについて、法律上は側方間隔の具体的規定はあ…