スポンサーリンク

equipt「サーディン」。便利そうではある。

blog

ロードバイク乗りにとって携帯工具は欠かせないアイテムの一つですが、equiptから「サーディン」という携帯工具が登場したとか。

equiptから「サーディン」という携帯工具が登場


何が画期的かというと、持ち替えることなくトルクを掛けるハンドルみたいになったり、細い場所でクルクルできたりする点。
アーレンキーを持ち替えることなくスムーズに一連の動作で出来る点が素晴らしいし、重量も38gと軽量。

 

まあ、詳しい意味についてはテキトーに検索すれば何か出てくるのでそちらを参照に。
工具として使えるのは以下。

ヘックス トルクス
6mm、5mm、4mm、3mm T25

お値段は税込7400円、専用ホルダーは別売1500円。

冷静に考えてしまうと

私が使っている携帯工具はこちらですが、

おいくらしたのか全く思い出せないけど、1000円とかそんなもんでしょうか。
あんまりぶっちゃけるとあれなんだけど、確かにequiptから登場した「サーディン」という携帯工具、機能性は素晴らしい。

 

携帯工具ってさ、滅多に使わないんだよね笑。
下手すりゃ数ヶ月に一度。

 

そういう私にとっては、機能性が素晴らしいよりも普通に使えて安いほうに価値を感じてしまうわけでして。
もちろん、価値観は人それぞれなのでequiptから登場した「サーディン」という携帯工具をみてマンセー、ハラーショ、ブラボーの人もいるだろうし。

 

なので、携帯工具にもこだわりたい派のあなたにオススメします。
私みたいに「カネ、使用頻度」などが機能性よりも上回る派には興味がない人もいるでしょうし。

 

だいぶ前にあるところから「自転車用のベル」が販売されました。
一般的な「自転車用ベル」からすれば5倍くらいのもの。

 

「ベルなんて使うことないけど、法律上必須だから仕方なく付けている」私にしたら何ら魅力を感じないけど、デザインを重視する人からすれば待望の製品なんだろうし。

 

価値観の問題なので、何でもそうだけど欲しいと思う人が買えばそれでいいよね。





コメント

  1. blank カモがネギしょってる より:

    これってトピークのツールバーみたいな感じでしょうか?

    • blank roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      そんなのありましたね。
      確かにコンセプトは同じとみていいと思います。

タイトルとURLをコピーしました